「第3回 法令」問6. 各製造所等の基準

前の問題 第3回 法令一覧  次の問題

※ この過去問は最新の問題です。基本問題で知識を定着させ、確実に合格するために最新のより上質な過去問を解きましょう。

問.6 法令上、平屋建としなければならない屋内タンク貯蔵所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次のうち正しいものはどれか。 すぐに解答確認

  1. タンク専用室の窓又は出入り口にガラスを用いる場合は、網入りガラスにしなければならない。下記の解説を確認しよう!
  2. 屋内貯蔵タンクには、容量制限が定められていない。
  3. 屋内貯蔵タンクは、建築物内に設置されるため、タンクの外面には錆止めのための塗装をしないことがある。
  4. タンク専用室の出入り口のしきいは、床面と段差が生じないように設けなければならない。
  5. 第2石油類の危険物を貯蔵するタンク専用室には、不燃材料で造った天井を設けることができる。

危険物乙4「製造所の一般的な構造と基準」の勉強方法はこちら 

危険物乙4の過去問「第3回 法令」問6. 各製造所等の基準の解説

ここ重要 「危険物に関する法令(35問中15問)」合格には、60%以上なので15問中9問以上の正解数が必要です。

危険物乙4の過去問(第3回 法令)「各製造所等の基準」問.6の解説

  1. 正解
  2. 誤り:容量は指定数量の40倍以下とする。
  3. 誤り:錆止めのための塗装をしなければならない。
  4. 誤り:出入り口のしきいの高さは、床面から0.2m以上とする。
  5. 誤り:タンク専用室は、屋根を不燃材料で造り、かつ、天井を設けない。

「1」が正解

危険物乙4「製造所の一般的な構造と基準」の勉強方法はこちら 

危険物乙4【最新】第3回 法令の過去問 ( 46問 )