「第3回 物理・化学」問17. 燃焼の難易

前の問題  第3回 物理・化学一覧  次の問題

※ この過去問は最新の問題です。基本問題で知識を定着させ、確実に合格するために最新のより上質な過去問を解きましょう。

問.17 次の組合せのうち、一般に可燃物が最も燃焼しやすい条件はどれか。 すぐに解答確認

  1. 【発熱量】大きい 【酸化されやすさ】酸化されやすい 【空気との接触面積】大きい 【熱伝導率】小さい下記の解説を確認しよう!
  2. 【発熱量】小さい 【酸化されやすさ】酸化されやすい 【空気との接触面積】大きい 【熱伝導率】大きい
  3. 【発熱量】大きい 【酸化されやすさ】酸化されにくい 【空気との接触面積】小さい 【熱伝導率】小さい
  4. 【発熱量】小さい 【酸化されやすさ】酸化されやすい 【空気との接触面積】大きい 【熱伝導率】小さい
  5. 【発熱量】大きい 【酸化されやすさ】酸化されにくい 【空気との接触面積】小さい 【熱伝導率】大きい

危険物乙4「燃焼の基礎知識」の勉強方法はこちら 

危険物乙4「燃焼の仕方、燃焼の難易」の勉強方法はこちら 

危険物乙4の過去問「第3回 物理・化学」問17. 燃焼の難易の解説

ここ重要 「基礎的な物理学及び基礎的な化学(35問中10問)」合格には、60%以上なので10問中6問以上の正解数が必要です。

危険物乙4の過去問(第3回 物理・化学)「燃焼の難易」問.17の解説

当設問のポイント !!

  • 1. ジエチルエーテル、軽油が蒸発燃焼
  • 2. 水素は拡散燃焼又は予混合燃焼
  • 拡散燃焼とは、燃焼の一形態。燃焼の維持に必要な酸素が炎の外から拡散によって入ってくる形式のものである。
  • 予混合燃焼とは、あらかじめ酸素と混合した可燃性気体(混合気)の燃焼形態である。
  • 3. コークスは表面燃焼
  • 4. セルロイドは自己燃焼

完全燃焼と不完全燃焼

炭素が燃焼すると二酸化炭素が発生し、炭化水素が完全燃焼すると二酸化炭素と水(水蒸気)が発生します。
このような燃焼を「完全燃焼」といいます。

しかし、酸素の供給が不十分な状態で炭素や炭化水素を燃焼すると、有毒な一酸化炭素が発生してしまいます。
この現象を「不完全燃焼」といいます。

 

液体の燃焼

液体は、液体のまま燃えるのではなく、液体の表面から蒸発した蒸気が燃焼します。これを蒸発燃焼といいます。

蒸発燃焼 :液体の表面から蒸発した蒸気が、空気と混合して起こる燃焼
(例)ガソリン、灯油、アルコールなどの燃焼

  1. 正解:一般に、発熱量が大きい、酸化されやすい、空気との接触面積が大きい、熱伝導率が小さいという条件は、燃焼しやすいことを意味している。
  2. 誤り
  3. 誤り
  4. 誤り
  5. 誤り

「1」が正解

危険物乙4「燃焼の基礎知識」の勉強方法はこちら 

危険物乙4「燃焼の仕方、燃焼の難易」の勉強方法はこちら 

危険物乙4【最新】第3回 物理・化学の過去問 ( 37問 )