「第4回 物理・化学」問13. 消火薬剤

前の問題  第4回 物理・化学一覧  次の問題

※ この過去問は最新の問題です。基本問題で知識を定着させ、確実に合格するために最新のより上質な過去問を解きましょう。

問.13 消火剤とその効果の一般的説明として、次のうち誤っているものはどれか。 すぐに解答確認

  1. 粉末消火剤は、無機化合物を粉末状にしたもので、燃焼を化学的に抑制する効果と窒息効果がある。
  2. 泡消火剤は、泡で燃焼を覆うので窒息効果があり、油火災に適する。
  3. 二酸化炭素消火剤は、不燃性の気体で窒息効果があり、気体自体に毒性はないので、狭い空間でも安心して使用できる。下記の解説を確認しよう!
  4. 強化液消火剤は燃焼を化学的に抑制する効果と冷却効果があるので、消火後の再燃防止効果がある。
  5. 水消火剤は、比熱と蒸発熱が大きいので冷却効果があり、棒状あるいは霧状に放射して使用される。

危険物乙4「消火の基礎知識」の勉強方法はこちら 

危険物乙4の過去問「第4回 物理・化学」問13. 消火薬剤の解説

ここ重要 「基礎的な物理学及び基礎的な化学(35問中10問)」合格には、60%以上なので10問中6問以上の正解数が必要です。

危険物乙4の過去問(第4回 物理・化学)「消火薬剤」問.13の解説

当設問のポイント !!

消火の三要素 … 燃焼の継続を止めるには、次の三つの要素(負触媒を加えて四つの要素とする場合もある。)がある。ここ重要

冷却・窒息・除去・(負触媒)

消火の三要素

燃焼の三要素には、1.可燃物、2.酸素供給体、3.点火源があり、この3つが揃ってはじめて燃焼がはじまります。3つの要素のどれかを取り除くのが、消火の基本となります。

1. 可燃物を取り除く除去効果

2. 酸素供給体を取り除く窒息効果

3. 点火源を取り除く冷却効果

これを「消火の三要素」といいます。なお、この3つに「負触媒効果」を入れて、消火の四要素ということもあります。ここ重要

水について

水は、もっとも手軽に入手できる消火剤です。比熱と蒸発熱が大きいため、注水すると燃焼物や周囲の空気から大量の熱を奪います。このときの冷却効果によって消火が行われます。さらに、蒸発して水蒸気になると、周囲の空気の酸素濃度が低くなるため、窒息効果もあります。

水は普通火災の消火にもっとも適しています。しかし、油火災に注水すると、油が水に浮いて火災が広がるおそれがあるため、油火災には適していません。第4類危険物の火災にも、水は使われません。

水消火器は、ノズルを棒状の放射と霧状の放射(噴霧)とに切り替えられます。電気火災に水を棒状に放射すると感電のおそれがあるため、棒状放射の水は電気火災には適しません。

水の放射方式と適応火災

棒状放射普通火災

霧状放射普通火災電気火災

 

  1. 正解
  2. 正解
  3. 誤り:二酸化炭素は空気中にも存在しており毒性はないが、狭い空間で二酸化炭素を放出すると酸素濃度が低下し、窒息のおそれがある。空気中の酸素濃度は約21%であるが、通常の作業空間の酸素濃度は18%以上を確保しなければならない。酸素濃度15%程度では一般的な燃焼は継続しませんが、人はこの酸素濃度では脈拍・呼吸数の増加や、頭痛、吐き気、めまいの症状となり、それより酸素濃度が低い場合は人命危険がさらに大きくなる。
  4. 正解
  5. 正解

「3」が正解

危険物乙4「消火の基礎知識」の勉強方法はこちら 

危険物乙4【最新】第4回 物理・化学の過去問 ( 23問 )