「第4回 物理・化学」問2. 自然発火

前の問題  第4回 物理・化学一覧  次の問題

※ この過去問は最新の問題です。基本問題で知識を定着させ、確実に合格するために最新のより上質な過去問を解きましょう。

問.2 自然発火について、次のうち誤っているものはどれか。 すぐに解答確認

  1. 自然発火とは、他から点火源が与えられなくても、物質が空気中で発熱し、その熱が長時間蓄積されて発火する現象である。
  2. 自然発火が起こるためには、蓄積の過程が重要な役割を果たしており、発熱量や物質の堆積量が大きく影響する。
  3. 酸化熱により自然発火を起こす代表的なものに、乾性油がある。
  4. 分解熱により自然発火を起こす代表的なものに、ニトロセルロースがある。
  5. 吸着熱により自然発火を起こす代表的なものに、鉄粉がある。下記の解説を確認しよう!

危険物乙4「自然発火、粉じん爆発」の勉強方法はこちら 

危険物乙4の過去問「第4回 物理・化学」問2. 自然発火の解説

ここ重要 「基礎的な物理学及び基礎的な化学(35問中10問)」合格には、60%以上なので10問中6問以上の正解数が必要です。

危険物乙4の過去問(第4回 物理・化学)「自然発火」問.2の解説

自然発火について

空気中で常温の状態にある物質が、加熱しないのに自然に発熱し、その熱が長時間蓄積されて発火点に達し、燃焼を起こす現象を「自然発火」といいます。

発熱の原因には、分解熱(セルロイドなど)、酸化熱(石炭など)、微生物による発熱(堆肥など)などがあります。

自然発火について

空気中で常温の状態にある物質が、加熱しないのに自然に発熱し、その熱が長時間蓄積されて発火点に達し、燃焼を起こす現象を「自然発火」といいます。

発熱の原因には、分解熱(セルロイドなど)、酸化熱(石炭など)、微生物による発熱(堆肥など)などがあります。

  • 吸着熱. : 活性炭、木炭等
  • 酸化熱. : 乾性油、石炭、原綿、ゴム粉等
  • 分解熱. : セルロイド、ニトロセルロース
  • 発酵熱. : 干し草、堆肥などの微生物による分解熱

 

  1. 正解
  2. 正解
  3. 正解
  4. 正解
  5. 誤り:吸着熱による発熱は、活性炭、木炭などで見られる。鉄粉は湿気を帯びると自然発火することがある。

「5」が正解

危険物乙4「自然発火、粉じん爆発」の勉強方法はこちら 

危険物乙4【最新】第4回 物理・化学の過去問 ( 23問 )