[無料] 資料請求ユーキャンの人気講座ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

 

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

私はこれまで10以上の資格( 国家資格・民間資格など )を取得してきました。
その経験をもとに当記事『企業が求める資格( 男性・女性向け )』をランキング形式で書いています。

 

当サイト「資格plus+」では他にも下記のような記事を書いています。

 

では本題に入ります。

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

企業が求める資格だったり、就職に役立つ資格って何があるの?

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

資格にも国家資格・民間資格だったり、、、

いろいろ種類があってどの資格を取得すればいいのか迷ってます…。

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

就職・転職に資格は有利になるって聞くけど、具体的になにが有利なの?

 

こんな悩みだったり疑問を抱えている人も多いはず。当記事では、このような人を対象に記事を書いてます。

 

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

企業が求める資格には、一般的に2パターンの資格が存在します。

 

  • 基本的な知識があると証明できる資格
    仕事をする上で基本的な内容を理解しているかどうかを判断する資格
  • 即戦力の人材として活躍できる資格
    難易度が高い資格や、仕事をする上で必要であり有利になる資格(業務独占資格や必置資格)

 

「資格と実務経験」があれば、より価値のある人材になれる!

ここ重要就職・転職市場で最も重要なこと、それは実務経験です。実務経験がもっとも評価されるポイントになります。

資格を取得し、さらに実務経験を積むことで、あなただけの強みを持つことができる。結果、需要のある・不況にも強い人材になれるというわけです。

【簡単】私がユーキャンの資料請求をした感想『無料は本当でした』

3年後・5年後の未来を想像しよう!
資格を取得すること、自分のスキルを高める行動をすることは将来的にもとても大事です。

業務独占資格とは?需要のある・不況にも強い資格ランキングTOP5【業務独占資格とは?】 →

 

 

でも、なんで企業は資格保有者を評価するの?

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

具体的に、資格を取得すると就職に有利になるの? 企業は評価するの?

なぜ企業は資格保有者を求めるのか? 就職に有利になるのか?

仕事(職種)に該当する「資格」は数多く存在していますが、なぜ企業は資格保有者を評価し、その人材を求めているのか?

  • 仕事(自分の目標など)に対して頑張れるモチベーションを持っている人だと判断できるから
  • あなた自身の専門スキルの証明になるから(実務経験も大切ですが、それを客観的に証明する手段として資格は有効)
  • 基礎的な知識・スキルを有している証明になるから(今後の仕事に期待できる人材かどうか)

もちろん、資格保有者が必ずしも優秀な人材であるとは限りません。
ですが、少なくとも「仕事で活躍する可能性がある人材」だと企業は判断するでしょう。

結論!面接官にあなたのスキルを客観的にアピールできるのが『資格』です!

 

 

今後の転職市場は厳しい?

日本ではコロナ鍋の影響もあり、転職市場も厳しい状況になりつつあります。

以前のような売り手市場はなくなり、今では資格を取得しているなど「企業にメリットがある人」が採用されやすくなっています。

それもそのはず、企業は今後、ジョブ型(成果主義)の導入が急速に進むからです。しっかりと勉強をし、成果を上げることができる人材を企業はとても欲しがっています。

 

 

そこで当記事では、【男性・女性向け】企業が求める資格ランキングをご紹介します!

当記事の特徴は?でもせっかく資格を取っても「需要もない、スキルもつかない、評価もされない」なら勉強しても後悔するだけ。なので、需要があってしっかりスキルもつく資格にスポットを当てて紹介しています。

 

では当記事の内容はコチラ!

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」
どんな資格を企業は求めている?

では、資格の種類についてまずは確認し、業界で必須の資格「業務独占資格」「必置資格」についても解説します。

まずは確認しよう! 【男性・女性向け】企業が求める資格の種類は?

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

あなたが就職する仕事は? もしくは希望の仕事はなんですか?

仕事によりさまざまな関連する資格が存在していますが、まずは『資格の種類』を確認しましょう!
資格を分類すると大きく2つに分けられています。

  1. 社会的価値が高い国家資格
    国が認定する・法律で規定されている資格。難関な資格も多く、社会的価値も高いので就職に直接つながる資格もある。
  2. 認知度が高い民間資格
    民間団体や企業などが独自の基準を設けて認定している資格。
    また、国家資格以外には公的資格もあり、主に省庁( 経済産業省など )や大臣が認定している資格で、国家資格と民間資格の間に位置する資格

 

まだ希望の仕事や好きなことが見つからない場合、少しでも興味があることから「資格」を探すのも全然OK!
やっぱり興味があれば継続して続けられる可能性も高いので。焦らなくても大丈夫なので、ゆっくり探しましょう。

将来や未来の自分を想像しよう!

ここ重要!資格を取って、それをどう活かすのか?
あなたがどう変わりたいのか・スキルアップしたいのか具体的にイメージしてみましょう。

特定の職種で必須の資格!?これから転職する人にも有利な『企業が求める専門性が高い資格』

上記で資格の種類について解説しましたが、あなたは『専門性が高い資格』と聞いたとき、どのような資格を想像しますか?

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

資格を取得するときに意識してほしいこと。

それは特定の仕事で『需要があり、かつ専門性が高い資格でスキルの証明になる』かどうか。

このような基準で資格を選び、実務経験も積めば、あなただけの強みが高まります。

 

上記で紹介したものは全て国家資格で『業務独占資格』でもあります。

 

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

業務独占資格とは?

その資格を持っていないと業務ができない資格です。資格を取得して初めて仕事をすることができます。

例えば上記以外だと、医師、美容師、薬剤師などですね。

身近な例だと「運転免許」も業務独占資格になります。運転は免許( 資格 )がなければ当然できませんよね?
このように資格がなければ「行ってはいけない・そもそも行えない」ということです。

業務独占資格のメリット

業務独占資格は、資格を持っていないと業務できないので、その資格保有者は企業から常にニーズがあり年収も高くなるケースが多い

まさに、特定の仕事に活かすことができ、かつ専門性が高い資格だということです。

看護師さんは良い例で、病院などは常にその資格保有者を募集していますよね。それだけ専門性があり・需要があるというわけです。

他にも業務独占ではないですが『社会( 介護 )福祉士・中小企業診断士・保育士』など、
専門性が高い資格は多く存在しています。そのような資格を取得し、実務経験も積むことであなただけの強みが持てるということです。

 

では数多くの資格の中で『企業が求める資格 TOP5』をランキング形式でご紹介します!

 

ここ重要あなたのスキルの裏付けが「資格」の取得です!

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

採用面接のとき、「私はパソコンが得意です」「医療の勉強をしてきました
とアピールしても面接官にはなかなか伝わりづらいもの。

資格の取得はあなたの持っているスキルの裏付けになります! 結果、採用されやすくなります。

【男性・女性向け】企業が求める資格ランキングTOP1『不動産・電気・IT系の資格』

女性・男性に人気のおすすめな資格です!

不動産、電気、IT系の分野は大学生や高卒の人に人気が高い資格が揃っています。この分野は今後も需要がある仕事で、資格・スキル等があれば安定的に稼げる人材にもなれる!

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

企業が求める資格ランキング第1位 『不動産・電気・IT系の資格』

特徴は?この分野は、女性にも男性にも人気の資格がたくさんあり、将来の需要も高い。

 

人気の資格ランキングでも常に上位にある資格

  • ・宅地建物取引士
  • ・基本情報技術者試験
  • ・ITパスポート
  • ・第三種電気主任技術者
  • ・第二種電気工事士

 

業務独占資格とは?その資格を持っていないと業務( 仕事 )ができないので、その資格保有者は企業から常にニーズがあり年収も高くなるケースが多い資格

必置資格とは?法律で一定の要件を満たした企業や事業所に有資格者を最低1人( 従業員数により変動 )、必ず置かなければならないと法律で定められている資格

 

企業が求める「不動産系の資格」とは?

  • 宅地建物取引士( 宅建士 ) 社会的価値が高い 国家資格・業務独占資格 必置資格 受験資格なし

知名度抜群! 仕事に直結! 不動産売買や賃貸の仲介に不可欠な資格

宅建士は毎年20万人以上が受験する人気の国家資格!( 合格率は15~17%前後 ) 不動産取引のエキスパートである証明になります。

 

より詳しく宅建士について知りたい人は、資料請求しませんか? ※ 特に講座の販売をすすめるものではありません。

通信講座の資料は「知っておくべき情報が初心者でも分かりやすく」作られているので、「もう少し知りたい!」など資格に興味ある人には最適の資料になっています。( 無料で営業電話もなし )

ユーキャンは通信講座の大手企業!「合格までのスケジュールは? 最新の合格率や合格者の声」など情報が満載です。
資格について具体的にイメージでき、結果、失敗しないで資格を選べる利点もあります。

 

宅地建物取引士( 宅建士 )は就職・転職に有利になるのはもちろんですが、さらに『業務独占・必置資格』でもあります。
※ 宅建士の場合、5人に1人の割合で事業所にいなければいけません。

 

企業が求める「IT系の資格」とは?

  • 基本情報技術者試験 ITエンジニアの登竜門的な資格 国家資格 受験資格なし

高校生・大学生に人気のITエンジニア登竜門的な資格!

基本情報技術者試験は毎年5~6万人以上が受験する人気の国家資格!( 合格率は22~25%前後 ) ITエンジニアの基礎知識がある証明になります。

 

  • ITパスポート ITの基礎知識を証明する資格 国家資格 受験資格なし

ITに関する基礎的な知識を有する証明になるITパスポート。企業もこの資格を推奨している場合も多く、受験者数は増加中

ITパスポートは毎年8万人以上が受験する人気の国家資格!( 合格率は43~53%前後 )

 

 

最近では、IT企業に限らず一般の企業でもコンピューターシステムの導入が加速しているので、ITの基礎知識は必要不可欠なもの。

 

企業が求める「電気系の資格」とは?

  • 第三種電気主任技術者 電気設備の管理・保安を行う電気の専門家 国家資格・業務独占資格 必置資格 受験資格なし

電気設備を設けている事業所では、保安の監督者として電気主任技術者を選任しなければならないことが法令で義務づけられています。そのため有資格者は業界内になくてはならない存在で、評価も非常に高いことで有名です。

第三種電気主任技術者は毎年4~5万人以上が受験する有名な国家資格!( 合格率は6~8%前後 )

 

  • 第二種電気工事士 電気工事の専門家 国家資格・業務独占資格 受験資格なし

住宅や店舗、工場などの電気工事に従事する技術者には必須の国家資格。高校生や大学生にも人気の国家資格です。

第二種電気工事士は毎年18万人以上が受験する人気の高い国家資格!( 合格率は50~70%前後 )

 

 

これらの資格は、専門性が高く・今後も必要不可欠なものばかり。もう言うまでもなく『企業が求める資格』になります。

【男性・女性向け】企業が求める資格ランキングTOP2『ビジネス系の資格』

女性・男性に人気のおすすめな資格!

ビジネス系の分野は業界唯一の資格が揃っています。旅行・貿易・経営コンサルなどその業界唯一の資格を取得すれば価値のある人材になれる!

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

企業が求める資格ランキング第2位 『ビジネス系の資格』

特徴は?企業で活躍する人材になるために有利なビジネス資格も多くあります。

 

ビジネス系の資格ランキングでも上位にある資格

  • ・簿記( 2,3級 )
  • ・中小企業診断士
  • ・通関士
  • ・旅行業務取扱管理者( 総合・国内 )
  • ・危険物取扱者乙種第4類

 

企業が求める「ビジネス系の資格」とは?

  • 簿記( 2,3級 ) 抜群の知名度・実務に直結した資格 民間資格・受験資格なし

簿記の有資格者は企業ニーズも安定しているのも魅力! 実務で役立つ経理・会計のスキルの証明

簿記2級は毎年4~7万人以上が受験 ( 合格率は15~30%前後 )
簿記3級は毎年7~9万人以上が受験 ( 合格率は35~50%前後 )

 

  • 中小企業診断士 経営コンサルタント唯一の資格 国家資格 受験資格なし

【職種:経営全般】企業の売上げ・コスト削減・収益力向上のために適切な診断ができるスキルの証明になる。企業数に対して資格保有者数は少ないので就職に有利な資格となる。

中小企業診断士は毎年1.5万人前後が一次試験を受験 ( 合格率は20~30%前後 )
二次試験は一次試験合格者のみで、5千人前後が受験 ( 合格率は18~20%前後 )

 

  • 通関士 貿易業、唯一の資格 国家資格・業務独占資格 必置資格 受験資格なし

【職種:貿易】通関士は貿易関係の唯一の国家資格で、将来性もあり企業ニーズもある。

国境を越えてモノのやりとりをする場合、原則として各営業所ごとに通関士を置く義務があるためニーズは安定

通関士は毎年5,000~1万人前後が受験 ( 合格率は10~15%前後 )

 

  • 旅行業務取扱管理者( 総合・国内 ) 旅行業、唯一の資格 国家資格・業務独占資格 必置資格 受験資格なし

旅行業界で唯一の国家資格。有資格者は、旅に関する豊富な知識・技術を有したプロとして国から認められます。

旅行業務取扱管理者は毎年1万人以上が受験 ( 合格率は30~45%前後 )

 

  • 危険物取扱者乙種第4類 危険物、唯一の資格 国家資格・業務独占資格 必置資格 受験資格なし

危険物の取扱いで唯一の国家資格。ガソリン・灯油・軽油など危険物の取り扱いや立会い業務には必須。

危険物取扱者乙種第4類は毎年20万人以上が受験する人気の国資格 ( 合格率は33~45%前後 )

 

通信講座の資料は「知っておくべき情報が初心者でも分かりやすく」作られているので、資格に興味ある人には最適の資料になっています。( 無料で営業電話もなし )

ユーキャンは通信講座の大手企業!「合格までのスケジュールは? 最新の合格率や合格者の声」など情報が満載です。
資格について具体的にイメージでき、結果、失敗しないで資格を選べる利点もあります。

【男性・女性向け】企業が求める資格ランキングTOP3『労務・人事・法律系の資格』

女性・男性に人気のおすすめな資格!

労務・人事・法律系の分野は難易度が高い資格が揃っています。専門性が高いのはもちろん、社会的価値も高い人材になれる!

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

企業が求める資格ランキング第3位 『労務・人事・法律系の資格』

特徴は?労務・人事・法律系の資格は「スペシャリスト資格・社会的価値が高い資格」が揃っています。

 

労務・人事・法律系の資格ランキングで人気のある資格

  • ・社会保険労務士( 社労士 )
  • ・行政書士
  • ・司法書士

 

企業が求める「労務・人事・法律系の資格」とは?

  • 社会保険労務士( 社労士 ) 保険・労務管理のスペシャリスト資格 国家資格・業務独占資格 ※ 受験資格あり

社会保険や年金、労働管理を扱う人事や労務のプロを証明する国家資格

社会保険労務士は毎年4~5万人前後が受験 ( 合格率は5~9%前後 )

 

  • 行政書士 国家資格として抜群の知名度と人気の資格 国家資格・業務独占資格 受験資格なし

幅広い法律の知識を持ち、市民と行政をつなぐ法律家を証明する国家資格

行政書士は毎年4~7万人前後が受験 ( 合格率は8~13%前後 )

 

  • 司法書士 社会的ニーズが高い国家資格 国家資格・業務独占資格 受験資格なし

司法書士の合格率は3~4%前後と難関資格。なので取得すれば高収入・高い社会的ステータスが得られる国家資格

司法書士は毎年13,000~15,000人前後が受験 ( 合格率は3~4%前後 )

 

通信講座の資料は「知っておくべき情報が初心者でも分かりやすく」作られているので、資格に興味ある人には最適の資料になっています。( 無料で営業電話もなし )

ユーキャンは通信講座の大手企業!「合格までのスケジュールは? 最新の合格率や合格者の声」など情報が満載です。
資格について具体的にイメージでき、結果、失敗しないで資格を選べる利点もあります。

 

【男性・女性向け】企業が求める資格ランキングTOP4『介護・医療系の資格』

女性・男性に人気のおすすめな資格!

介護・医療系の分野は、高齢化社会の日本において需要はかなり高い! 専門性が高い資格も揃っています。

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

企業が求める資格ランキング第4位 『介護・医療系の資格』

特徴は?介護・医療系の資格は、高齢化社会の日本において「非常に高いニーズ」があり求人も多くあります。

 

介護・医療系の資格ランキングで人気のある資格

 

企業が求める「介護・医療系の資格」とは?

  • 登録販売者 医薬品業界注目のお仕事! 就職にも有利な資格 国家資格・業務独占資格 必置資格 受験資格なし

一般用医薬品の販売ができる『医薬品専門の国家資格』

登録販売者は毎年6万人前後が受験 ( 合格率は43%前後 )

 

  • 社会福祉士 福祉サービスの専門職 国家資格 ※ 受験資格あり

福祉サービスを必要としている人の相談・助言・指導(解決)していく福祉の専門職

社会福祉士は毎年4~4.5万人前後が受験 ( 合格率は20~30%前後 )

 

  • 介護福祉士 介護の専門職 国家資格 ※ 受験資格あり

介護福祉施設などで介護をする専門職。介護関係の仕事に就いている方には広く認知された国家資格

介護福祉士は毎年8~15万人前後が受験 ( 合格率は70%前後 )

 

通信講座の資料は「知っておくべき情報が初心者でも分かりやすく」作られているので、資格に興味ある人には最適の資料になっています。( 無料で営業電話もなし )

ユーキャンは通信講座の大手企業!「合格までのスケジュールは? 最新の合格率や合格者の声」など情報が満載です。
資格について具体的にイメージでき、結果、失敗しないで資格を選べる利点もあります。

 

【男性・女性向け】企業が求める資格ランキングTOP5『事務系の資格』

特に女性に人気のおすすめな資格!

事務系の資格は、特に女性の就職に有利になる場合が多いです。雇用形態も柔軟に選べ、一回しっかりと実務経験と資格も取得すれば30・40代以上になっても再就職は可能です。

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

企業が求める資格ランキング第5位 『事務系の資格』

特徴は?特に女性に人気の事務職! 企業も人材を求めている。

この仕事にも多くの資格があり、転職サイトでは資格保有者を募集しているケースも多いです。

 

事務系の資格ランキングで人気のある資格

  • ・医療事務
  • ・調剤薬局事務
  • ・介護事務
  • ・マイクロソフトオフィススペシャリスト( MOS )パソコンスキルは必須
  • ・秘書検定

 

企業が求める「事務系の資格」とは?

  • 医療事務 女性に大人気・就職に有利な資格 民間資格・受験資格なし

医療機関で長く・安定して働ける女性に人気の職業

 

  • 調剤薬局事務 医療事務資格を持っている人にもおススメ 民間資格・受験資格なし

取りやすく・働きやすく・女性に大人気の資格! 求人も安定してある

 

  • 介護事務 介護事業の運営を支える資格 民間資格・受験資格なし

受験資格に制限はないので、未経験から介護関係の仕事を目指す人にもおすすめ

 

  • マイクロソフトオフィススペシャリスト( MOS ) パソコンのスキルを証明 民間資格・受験資格なし

こちらも知名度抜群! パソコンスキルの証明に役立つ資格。MOSの累計受験者数は、440万人を超えています。

 

  • 秘書検定 社会人に求められる資格 民間資格・受験資格なし

秘書検定は広く認知された資格! 特に就職活動を始める学生におすすめ

 

通信講座の資料は「知っておくべき情報が初心者でも分かりやすく」作られているので、資格に興味ある人には最適の資料になっています。( 無料で営業電話もなし )

ユーキャンは通信講座の大手企業!「合格までのスケジュールは? 最新の合格率や合格者の声」など情報が満載です。
資格について具体的にイメージでき、結果、失敗しないで資格を選べる利点もあります。

 

企業が求める資格『男性・女性向け』どんな資格を取ればいいのか悩んでいるあなたへ

これまで企業が求める資格21選をご紹介しましたが、あなたが気になる資格はありましたか?

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

どの分野(仕事)にどの資格が必要なのかは分かったけど、
結局どの資格を取得すればいいのか迷う…。

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

確かにこれだけ資格があると迷うのも無理ありませんよね。

 

一般的に、広く認知された国家資格だったり、専門性が高ければ高くなるほど『企業が求める資格』『就職や転職に有利な資格』と言えます。もちろん、実務経験を積むことで人材の価値も高まる。

大切なのは、焦らずコツコツとスキルを高める行動をすること。そうすれば自然と人材の価値は上がるでしょう。

 

企業が求める資格ランキング【男性・女性向け】21選「職種別に解説」

もし現在「何も資格を持ってない。なにか勉強して就職・転職に役立たせたい人」は以下のポイントを参考にしてください。

 

当記事の重要なポイント!

業務独占資格とは「国家資格の分類の1つ」
業務独占資格とは?その資格を有する者だけが独占的・特権的に業務を行うことができる国家資格のことを指す。

必置資格とは?企業や事業所に最低1人以上、その資格保有者を置かなければならないと法律で定められている資格を指す。

【結論】どんな資格を取得すればいいのか悩んでいるあなたへ

その資格を保有している人にしか業務( 仕事 )ができない = 企業は当然ながら資格保有者を積極的に採用しようとする。

また、その資格が必置資格ならより採用されやすくなるでしょう。

このように「本当に需要がある資格」を取得することにより、就職にも有利になりやすいということ。結論、そのような資格を選ぶことを私はおすすめします。

【男性・女性向け】企業が求める資格を取得して「稼げる人材」になろう!

10年後の自分を想像しよう!

10年後、あなたの未来をより良くするために、どんな資格を取得すればいいのか考えてみてください。

そしてあなたが納得したうえで、資格を選ぶことが大事。「人に勧められたから勉強する」ではなく、あなた自身で選択しましょう。

そしてその選択の際に、あなたをサポートしてくれるのが『資料請求』になります。

資料は初心者向けで分かりやすく作られていて、何より資格について具体的にイメージできるようになります。
結果、「こんなはずじゃなかった…」と取得後に後悔することもなくなるでしょう。

あなたも今すぐ行動して、より良い未来を自分で作りませんか?

 

まずは、時間もお金もかけずに資格の資料請求をしよう!

よくある誤解通信講座の資料請求をすると勧誘電話やメールが頻繁にくるなんて思ってませんか?
ユーキャンは無料の資料請求をしても電話やメールは一切ありません。安心して資料だけ貰えてお得です。

資料請求はこちら ⇒ 案内資料のご請求 ( 無料・登録2,3分・しつこい営業電話一切なし )

 

最後に、私もいまの職業に就職できたのは「資格」を取得できたから。『資格を取得すれば、あなたの未来は変わります
あなたの履歴書に取得した資格を書いて、自分を存分にアピールしましょう!

 

 

当サイト運営者の『自己紹介』
人気の国家資格【難易度別】一覧表!おすすめな人気の国家資格とは?

私は15年間 IT企業でプログラマーに従事、フリーランスを経て36歳で系列系ビル管理会社に転職。

現在も働きながらHPや記事の請負をし、個人サイトの運営を行っています。

当サイトでは「あなたの人生を plus+ にする資格」をコンセプトに記事を書いています。
今後ますます働き方は激変し、自分のキャリアは自分自身で決める必要があります。そのようなときに資格がスキルの裏付けになり、あなたのキャリアを形成する1つの重要な材料になります。

私もこれまでに10以上の資格を取得しその経験から有益な情報を提供できればと思います。今後とも宜しくお願い致します。