第6章 問 1. 製造所等の基準

前の問題  法令一覧  次の問題

問.1 地下タンク貯蔵所の通気管について、次のうち誤っているものはどれか。 すぐに解答確認

  1. 先端は屋外で地上1mの高さとし、建築物の窓、出入り口などから1m以上離すこと。下記の解説を確認しよう!
  2. 通気管の直径は、30㎜以上とすること。
  3. 通気管には、滞油するおそれのある屈曲部を設けないこと。
  4. 先端には細目の銅網等により、引火防止装置を設けること。
  5. 先端は水平より下に45度以上曲げ、雨水の侵入を防ぐ構造とすること。

危険物乙4「製造所の一般的な構造と基準」の勉強方法はこちら 

危険物乙4の過去問(法令)「製造所の一般的な構造と基準」問.1の解説

ここ注意 「危険物に関する法令(35問中15問)」合格には、60%以上なので15問中9問以上の正解数が必要です。

過去問(法令)「製造所の一般的な構造と基準」問.1の解説

  1. 誤り:通気管の先端は、地上4m以上の高さにする。
  2. 正しい:危険物の出し入れ、日照の際のタンク内圧を適正に保つために通気管は、ある大きさ以上の太さが必要である。
  3. 正しい:屈曲部に滞油すると、タンク内圧を適正に保つことができなくなる。
  4. 正しい:通気管付近の火災からタンク本体の危険物への引火を防止する。
  5. 正しい:雨水の侵入を防ぐ構造を必要とする。

「1」が正解

当設問の解説 赤字暗記

  • タンクとタンク室の間隔:地下貯蔵タンクとタンク室の内側との間は0.1m以上の間隔を保ち、タンクの周囲に乾燥砂を詰める。
  • 地盤面との距離:地下貯蔵タンクの頂部は、0.6m以上地盤面から下にあること。
  • 隣接するタンク間の間隔:2つ以上の地下貯蔵タンクを隣接して設置する場合は、相互間に1m以上の間隔を保つ。
  • タンクの厚さ:地下貯蔵タンクは厚さ3.2㎜以上の鋼板(またはそれと同等以上の機械的性質をもつ材料)で造り、水圧試験で漏れまたは変形しないものであること。
  • 通気管・安全装置:地下貯蔵タンクには通気管または安全装置を設ける。通気管の先端は、地上4m以上の高さにする。
  • 漏洩検査管:漏洩を検知する漏洩検査管は、タンクの周囲に4箇所以上設置する。
  • 危険物の規制に関する規則 第20条(通気管) 直径は、30mm以上であること。
  • 第20条(通気管) 先端は、水平より下に45度以上曲げ、雨水の浸入を防ぐ構造とすること。
  • 引火点が40度未満の危険物を貯蔵する場合は、敷地境界線から1.5m以上離さなければならない。

危険物乙4の過去問「消防法上の危険物」

危険物乙4の過去問「指定数量」

危険物乙4の過去問「製造所等の区分」

危険物乙4の過去問「保安距離・保有空地」

危険物乙4の過去問「消火設備」

危険物乙4の過去問「製造所等の一般的な構造と基準」

危険物乙4の過去問「設置許可申請等の手続き」

危険物乙4の過去問「法令違反に対する措置」

危険物乙4の過去問「定期点検」

危険物乙4の過去問「危険物取扱者、危険物取扱者免状の交付・書換え」

危険物乙4の過去問「保安講習」

危険物乙4の過去問「危険物保安監督者、危険物施設保安員、所有者等の責務」

危険物乙4の過去問「移動タンク貯蔵所・移送の基準」

危険物乙4の過去問「危険物運搬の基準」

危険物乙4の過去問「貯蔵・取扱いの基準」

危険物乙4の過去問「予防規定」