危険物乙4の過去問(法令)「製造所の一般的な構造と基準」問.9の解説

ここ注意 「危険物に関する法令(35問中15問)」合格には、60%以上なので15問中9問以上の正解数が必要です。

過去問(法令)「製造所の一般的な構造と基準」問.9の解説

  1. 正しい:給油中に引火性液体であるガソリン、軽油、灯油等が引火したり流出等の危険がある。
  2. 誤り:給油取扱所には、保安距離の必要がない。
  3. 正しい:専用タンクの容量に制限はない。
  4. 正しい:給油取扱所で取扱う危険物はガソリン、軽油、灯油等の引火性の高い液体危険物である。したがって、駆動中の自動車エンジン部等は発火源となる。
  5. 正しい:常に引火、発火の危険があり、いったん燃え始めると事務所等への延焼のおそれが大きい。

「2」が正解

当設問のポイント

  • 給油取扱所には、給油空地及び注油設備がある場合は注油に必要な空地が必要であるが、保有空地や保安距離の必要はない
  • 給油取扱所にあっては地を黄赤色、文字を黒色として給油中エンジン停止と表示した掲示板を設ける。

危険物乙4の過去問「消防法上の危険物」

危険物乙4の過去問「指定数量」

危険物乙4の過去問「製造所等の区分」

危険物乙4の過去問「保安距離・保有空地」

危険物乙4の過去問「消火設備」

危険物乙4の過去問「製造所等の一般的な構造と基準」

危険物乙4の過去問「設置許可申請等の手続き」

危険物乙4の過去問「法令違反に対する措置」

危険物乙4の過去問「定期点検」

危険物乙4の過去問「危険物取扱者、危険物取扱者免状の交付・書換え」

危険物乙4の過去問「保安講習」

危険物乙4の過去問「危険物保安監督者、危険物施設保安員、所有者等の責務」

危険物乙4の過去問「移動タンク貯蔵所・移送の基準」

危険物乙4の過去問「危険物運搬の基準」

危険物乙4の過去問「貯蔵・取扱いの基準」

危険物乙4の過去問「予防規定」