第3章 問 1. 第4類に共通する火災予防

前の問題  消火・性質一覧  次の問題

問.1 第1石油類の危険物を取り扱う場合の火災予防について、次のうち誤っているものはどれか。 すぐに解答確認

  1. 液体から発生する蒸気は、地上をはって離れた低いところにたまることがあるので、周囲の火気に気を付ける。
  2. 取扱作業をする場合は、鉄びょうのついた靴は使用しない。
  3. 取扱場所に設けるモーター、制御器、スイッチ、電灯などの電気設備はすべて防爆構造のものとする。
  4. 取扱作業時の服装は、電気絶縁性のよい靴やナイロンその他の化学繊維などの衣類を着用する。下記の解説を確認しよう!
  5. 床上に少量こぼれた場合は、ぼろ布などできれいにふき取り、通風を良くし、換気を十分に行う。

危険物乙4「第4類に共通する火災予防」の勉強方法はこちら 

危険物乙4の過去問(消火・性質)「第4類に共通する火災予防」問.1の解説

ここ注意 「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法(35問中10問)」合格には、60%以上なので10問中6問以上の正解数が必要です。

合格のポイント

  1. 第1類 … 酸化性固体
  2. 第2類 … 可燃性固体
  3. 第3類 … 自然発火性物質及び禁水性物質
  4. 第4類 … 引火性液体
  5. 第5類 … 自己反応性物質
  6. 第6類 … 酸化性液体
  7. 消防法上の危険物には気体はない。ここ重要

過去問(消火・性質)「第4類に共通する火災予防」問.1の解説

  1. 正解:ガソリン等の蒸気比重は空気の数倍重く、液体から発生する蒸気は地上をはって離れた低いところにたまることがあるので、周囲の火気に気をつける。
  2. 正解:ガソリン等の第1石油類の取扱作業をする場合は、可燃性蒸気の発生量が多く危険なため鉄びょうのついた靴(火花が出るおそれがある)は使用しない。
  3. 正解:取扱場所に設けるモーター、制御器、スイッチ、電灯などの電気設備はすべて防爆構造のものを使用するように定められている。
  4. 誤り:電気絶縁性のよい靴やナイロンその他の化学繊維などの衣類は、静電気を多量に発生し帯電するので危険である。着用する衣類は、帯電防止服等を着用する。
  5. 正解:ガソリン、ベンゼン等の第1石油類が床上に少量こぼれた場合は、ぼろ布などできれいにふき取り、通風を良くし、換気を十分に行えば安全である。

「4」が正解

危険物乙4「第4類に共通する火災予防」の勉強方法はこちら 

合格率アップのポイント!

  • 電気絶縁性(電気が流れない)のよい靴は、人体に帯電した静電気を逃がすことができないので、危険性が増大する。また、化学繊維などの衣類は、静電気が発生し帯電しやすいので着用してはいけない。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 配管で移送するときは静電気の発生を抑えるため、流速を遅くする。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 危険物の蒸気は空気より重いので、低所に滞留している。(低所に溜まる蒸気を高所に排出する換気装置が必要) ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 二硫化炭素は、可燃性蒸気の発生を防ぐため、水没貯蔵する(ジエチルエーテルは、水没貯蔵することはない) ⇒ こう出題されたら、答え(〇)

危険物乙4の過去問「危険物の類ごとの性質」

危険物乙4の過去問「第4類に共通する特性」

危険物乙4の過去問「第4類に共通する火災予防」

危険物乙4の過去問「事故事例」

危険物乙4の過去問「第4類に共通する消火の方法」

危険物乙4の過去問「第1石油類(ガソリン・他)」

危険物乙4の過去問「第2石油類(灯油、軽油、酢酸、キシレン、他)」

危険物乙4の過去問「第3石油類、第4石油類、動植物油類、第4類全般」

危険物乙4の過去問「特殊引火物、アルコール類」