第2章 問 3. 第4類に共通する特性

前の問題  消火・性質一覧  次の問題

問.3 第4類危険物の性状と危険性の関係で、次のうち誤っているものはどれか。 すぐに解答確認

  1. 沸点の低いものは、引火の危険性が大きい。
  2. 燃焼範囲の下限界の低いものほど危険性が大きい。
  3. 燃焼範囲の下限界が同じものは、上限界の高いものほど危険性が大きい。
  4. 燃焼範囲の下限界と上限界の幅が同じものは、下限界の低いものほど危険性が大きい。
  5. 液体の比重が大きなものは、蒸気密度が小さいので危険性が大きい。下記の解説を確認しよう!

危険物乙4「第4類に共通する特性」の勉強方法はこちら 

危険物乙4の過去問(消火・性質)「第4類に共通する特性」問.3の解説

ここ注意 「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法(35問中10問)」合格には、60%以上なので10問中6問以上の正解数が必要です。

合格のポイント

  1. 第1類 … 酸化性固体
  2. 第2類 … 可燃性固体
  3. 第3類 … 自然発火性物質及び禁水性物質
  4. 第4類 … 引火性液体
  5. 第5類 … 自己反応性物質
  6. 第6類 … 酸化性液体
  7. 消防法上の危険物には気体はない。ここ重要

過去問(消火・性質)「第4類に共通する特性」問.3の解説

  1. 正解:沸点の低い(アセトアルデヒド=21℃等)ものは、低い液温で可燃性蒸気を発生するため、引火点も低く引火の危険性が大きくなる。
  2. 正解:燃焼範囲の下限界(下限値)の低いものは、臭いを感じないほど薄い濃度の蒸気でも引火するので危険性が大きい。
  3. 正解:燃焼範囲の下限界が同じものは、上限界の高いものほど燃焼範囲の幅が増すので危険性が大きくなる。
  4. 正解:燃焼範囲の下限界と上限界の幅が同じものは、下限界の低いものほど臭いを感じないほど薄い濃度の蒸気でも引火するので危険性が大きい。
  5. 誤り:石油製品で液体の比重が大きなものは、蒸気密度が小さいではなく大きい。また、石油製品では、液体の比重が大きいもの(ギヤー油等)の危険性は、小さいもの(ガソリン等)に比べて大きくはない。

「5」が正解

危険物乙4「第4類に共通する特性」の勉強方法はこちら 

合格率アップのポイント!

  • 第4類の危険物はすべて可燃性
    すべて液体
    水より軽いものが多い
    すべて蒸気は空気より重い
    水に溶けないものが多い
    電気の不導体が多い
    静電気が発生しやすい
    二硫化炭素以外の発火点は100℃以上 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 二硫化炭素の液比重は水より重い(二硫化炭素以外のものは全て軽い) ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 第4類の危険物の蒸気(比重)は、すべて1以上で空気よりも重い(空気=1) ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 二硫化炭素の発火点は90℃で、100℃以下は他にない ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 動植物油のアマニ油、キリ油等は、自然発火しやすい。それ以外の第4類は、石油製品を含めて自然発火しない。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 無色透明(無色でも) ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 無色で芳香、果実臭、刺激臭など具体的な臭い(無臭はほとんどなし) ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 有機溶剤(有機溶媒)に溶ける (※ 有機溶剤=ベンゼン、アルコール類など) ⇒ こう出題されたら、答え(〇)

危険物乙4の過去問「危険物の類ごとの性質」

危険物乙4の過去問「第4類に共通する特性」

危険物乙4の過去問「第4類に共通する火災予防」

危険物乙4の過去問「事故事例」

危険物乙4の過去問「第4類に共通する消火の方法」

危険物乙4の過去問「第1石油類(ガソリン・他)」

危険物乙4の過去問「第2石油類(灯油、軽油、酢酸、キシレン、他)」

危険物乙4の過去問「第3石油類、第4石油類、動植物油類、第4類全般」

危険物乙4の過去問「特殊引火物、アルコール類」