第5章 問 16. 第4類に共通する消火の方法

前の問題  消火・性質一覧  次の問題

問.16 第4類の危険物の中には消火薬剤として泡を用いると、泡が消滅しやすいため、水溶性液体用の泡消火薬剤を使用しなければならないことがある。次のうち、該当するものはいくつあるか。 すぐに解答確認

  1. 二硫化炭素
  2. アセトアルデヒド
  3. アセトン
  4. メタノール
  5. クレオソート油
  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ下記の解説を確認しよう!
  4. 4つ
  5. 5つ

危険物乙4「第4類に共通する消火の方法」の勉強方法はこちら 

危険物乙4の過去問(消火・性質)「第4類に共通する消火の方法」問.16の解説

ここ注意 「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法(35問中10問)」合格には、60%以上なので10問中6問以上の正解数が必要です。

過去問(消火・性質)「第4類に共通する消火の方法」問.16の解説

  1. 誤り
  2. 誤り
  3. 正解
  4. 誤り
  5. 誤り

「3」が正解

第4類に共通する消火方法 ここ重要

※ 水溶性の危険物に水溶性の泡消火薬剤を使用すると、せっかくできた泡が水溶性危険物に溶けて、潰れてしまう。水溶性の危険物には、耐アルコール泡(水溶性でない泡消火薬剤)を使用する。

  • 泡・二酸化炭素・ハロゲン化物・粉末・霧状の強化液消火薬剤で窒息消火する。
  • 火災の拡大危険性が大きいので、早い時期に対応する消火薬剤を使用する。
  • 比重が1以下の水に溶けない危険物の火災に注水すると、危険物が水に浮いて火面を広げるので、水による消火は適当でない。
  • 水に溶ける危険物に対して泡を用いる場合は、泡が消滅しにくい水溶性液体用泡消火薬剤(耐アルコール泡)を使用する。

・覚える必要がある主な水溶性、非水溶性の危険物

- 水溶性の危険物 非水溶性の危険物
特殊引火物 アセトアルデヒド
酸化プロピレン
二硫化炭素
ジエチルエーテル
第1石油類 アセトン
ピリジン
ガソリン
ベンゼン
トルエン
酢酸エチル
メチルエチルケトン
アルコール類 メタノール
エタノール
プロピルアルコール
なし
第2石油類 酢酸 灯油
軽油
キシレン
第3石油類 エチレングリコール
グリセリン
重油
クレオソート油
アニリン
ニトロベンゼン
第4石油類 なし ギヤー油
シリンダー油
タービン油
マシン油
モーター油
動植物油類 なし アマニ油

危険物乙4「第4類に共通する消火の方法」の勉強方法はこちら 

  • 当設問のポイント 第4類の引火性液体(非水溶性の危険物が主体である)の火災に有効な消火剤(消火器)
    1. 霧状の強化液消火剤
    2. 泡消火剤
    3. ハロゲン化物消火剤
    4. 二酸化炭素消火剤
    5. 粉末消火剤

合格率アップのポイント!

  • 空気の供給を遮断するか、又は、燃焼を化学的に抑制して消火するのが基本である。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 空気の供給を遮断する例として …
    泡消火剤で燃焼物を覆い窒息消火をする。
    二酸化炭素消火剤で燃焼物を覆い窒息消火をする。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 燃焼を化学的に抑制する例として …
    ハロゲン化物消火剤を燃焼物に放射して、燃焼反応を抑制して消火をする。
    粉末消火剤を燃焼物に放射して、燃焼反応を抑制して消火をする等。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • アルコール類、アセトン等の水溶性液体の消火には、水溶性液体用泡消火剤を使用する。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 一般の泡消火剤が、アルコール類等の水溶性液体の消火に使えない理由は?
    水が主成分の泡が、アセトン等の水溶性液体に溶けて消えるから。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 棒状の強化液消火剤は、第4類の危険物(非水溶性液体、水溶性液体)には使えない。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)

・第4類危険物の消火には、空気の供給を遮断する窒息消火、燃焼を化学的に抑制する抑制作用(負触媒作用)による消火が効果的である。

危険物乙4の過去問「危険物の類ごとの性質」

危険物乙4の過去問「第4類に共通する特性」

危険物乙4の過去問「第4類に共通する火災予防」

危険物乙4の過去問「事故事例」

危険物乙4の過去問「第4類に共通する消火の方法」

危険物乙4の過去問「第1石油類(ガソリン・他)」

危険物乙4の過去問「第2石油類(灯油、軽油、酢酸、キシレン、他)」

危険物乙4の過去問「第3石油類、第4石油類、動植物油類、第4類全般」

危険物乙4の過去問「特殊引火物、アルコール類」