第3章 問 12. 消火の基礎知識

前の問題  物理・化学一覧  次の問題

問.12 二酸化炭素消火剤に関する記述で、次のうち誤っているものはどれか。 すぐに解答確認

  1. 化学的に安定している … 二酸化炭素は、通常の状態では化学的に安定しており、酸化することはない。
  2. 汚損が少ない … … … 二酸化炭素消火剤は、粉末や液体と違ってガス状であるため、建物に対して汚損が少ない。
  3. 帯電性がない … … … 二酸化炭素は、気体で不良導体であるため、静電気火花が発生することは少ない。
  4. 不燃性である … … … 二酸化炭素は、反応に乏しく化学的に安定しているため、不燃性であり、助燃性もない。
  5. 人体への影響が少ない … 二酸化炭素は、毒性がないため人体に対して無害であり、多量に吸い込んでも影響がない。下記の解説を確認しよう!

危険物乙4「消火の基礎知識」の勉強方法はこちら 

危険物乙4の過去問(物理・化学)「消火の基礎知識」問.12の解説

ここ注意 「基礎的な物理学及び基礎的な化学(35問中10問)」合格には、60%以上なので10問中6問以上の正解数が必要です。

過去問(物理・化学)「消火の基礎知識」問.12の解説

  1. 正解
  2. 正解
  3. 正解
  4. 正解
  5. 誤り

「5」が正解

当設問の解説

二酸化炭素は無色、無臭の気体で、常温では化学的に安定しており、不燃性の物質である。また、水に溶け、空気よりも重い。常温でも加圧すると液化し、弱い酸性を示す。人体に対して毒性はないが、多量に吸い込むと窒息する。また、二酸化炭素は気体であるため、気体に帯電することはない。ここ重要

ご参考までに … 二酸化炭素消火器の適応火災は油火災で、放射された二酸化炭素の窒息作用と、蒸発するときの蒸発熱の冷却作用により消火することができる。

危険物乙4「消火の基礎知識」の勉強方法はこちら 

消火の三要素

燃焼の三要素には、1.可燃物、2.酸素供給体、3.点火源があり、この3つが揃ってはじめて燃焼がはじまります。3つの要素のどれかを取り除くのが、消火の基本となります。

1. 可燃物を取り除く除去効果

2. 酸素供給体を取り除く窒息効果

3. 点火源を取り除く冷却効果

これを「消火の3要素」といいます。なお、この3つに「負触媒効果」を入れて、消火の4要素ということもあります。ここ重要

危険物乙4の過去問「燃焼の基礎知識」

危険物乙4の過去問「引火点・燃焼範囲・発火点・物質の危険性」

危険物乙4の過去問「消火の基礎知識」

危険物乙4の過去問「静電気」

危険物乙4の過去問「物質の三態」

危険物乙4の過去問「物理変化・化学変化」

危険物乙4の過去問「金属・イオン化傾向・腐食、有機化合物」

危険物乙4の過去問「酸・塩基、酸化と還元、酸化剤・還元剤」

危険物乙4の過去問「比熱・熱とその特性、熱の移動・熱伝導率・熱膨張」