第5章 問 4. 物質の三態

前の問題  物理・化学一覧  次の問題

問.4 次の説明のうち、誤っているものはどれか。 すぐに解答確認

  1. 物質には気体、液体及び固体の状態がある。
  2. 気体の溶解度は溶媒の温度が高くなるほど、大きくなる。下記の解説を確認しよう!
  3. 一般に物質は温度が上昇すると、体積は増す。
  4. 気体は周囲の圧力が大きくなると、体積は小さくなる。
  5. 物質は周囲の温度・圧力の変化によって状態が変わる。

危険物乙4「物質の三態」の勉強方法はこちら 

危険物乙4の過去問(物理・化学)「物質の三態」問.4の解説

ここ注意 「基礎的な物理学及び基礎的な化学(35問中10問)」合格には、60%以上なので10問中6問以上の正解数が必要です。

過去問(物理・化学)「物質の三態」問.4の解説

  1. 正解:物質は圧力並びに温度により、状態が変わる。
  2. 誤り:気体の溶解度は、温度が上昇すると逆に減少する。これは、温度が上昇すると溶液中の溶媒分子及び溶質分子の熱運動が活発になり、溶質の気体分子が溶液の外に飛び出しやすくなるためである。
  3. 正解:鉄道のレールが夏に曲がってしまうのは、暑さ(温度)のせいである。
  4. 正解:風船をある程度の大きさに膨らませて、水の中に入れてやると深くなるにつれ、段々小さくなってくる。ここ重要
  5. 正解:1気圧の下で水を熱すると100度で水蒸気(気体)になり、0度で氷になる。また、空気などの気体に圧力をかけてやると、やがて液化する。

「2」が正解

当設問のポイント !

  • 通常、物質は温度、圧力などの条件によって、気体、液体、固体であったりする。これを物質の三態という。また、物質は単体、化合物、混合物と分けることもできる。
  • 物質は一般的に温度が高くなれば、体積が増えるという性質がある。これを熱膨張というが、どのくらい増えるかは物質によって異なり、それぞれの熱膨張率で表される。個々の物質の熱膨張率を覚える必要はないが、各状態による膨張率は固体<液体<気体の順で大きくなることをよく理解しておくことが重要である。つまり、気体は膨張する率が最も大きいといえる。

危険物乙4「物質の三態」の勉強方法はこちら 

合格率アップのポイント!

・物質は、条件(温度や圧力)によって固体、液体、気体に変化する。これを、物質の三態という。

  • 水の密度(比重)は4℃で最大、100℃で沸騰する。 ⇒ こう出題されたら、正解
  • 比重が同じであれば、同一体積の質量(重さ)は同じである。 ⇒ こう出題されたら、正解
  • 沸騰とは、液体の飽和蒸気圧が外圧に等しくなる液温。 ⇒ こう出題されたら、正解
  • 沸点は加圧すると高くなり、減圧すると低くなる。 ⇒ こう出題されたら、正解
  1. 気体が液体になることを液化又は凝縮という。
  2. 固体の氷は、熱を吸収して水になる。
  3. 気体の水蒸気は、熱を放出して水になる。

危険物乙4の過去問「燃焼の基礎知識」

危険物乙4の過去問「引火点・燃焼範囲・発火点・物質の危険性」

危険物乙4の過去問「消火の基礎知識」

危険物乙4の過去問「静電気」

危険物乙4の過去問「物質の三態」

危険物乙4の過去問「物理変化・化学変化」

危険物乙4の過去問「金属・イオン化傾向・腐食、有機化合物」

危険物乙4の過去問「酸・塩基、酸化と還元、酸化剤・還元剤」

危険物乙4の過去問「比熱・熱とその特性、熱の移動・熱伝導率・熱膨張」