危険物乙4の過去問(物理・化学)「燃焼の基礎知識」問.17の解説

ここ注意 「基礎的な物理学及び基礎的な化学(35問中10問)」合格には、60%以上なので10問中6問以上の正解数が必要です。

過去問(物理・化学)「燃焼の基礎知識」問.17の解説

  1. 正解:霧状になった一粒一粒が表面積として計算されるので、表面積が大きくなる。
  2. 正解:熱の交換率(熱容量が小さくなる)が良くなれば、全体の温度が早く上昇する。
  3. 誤り:霧状にした際発生する熱は、微々たるもので、蒸気の温度を上昇させるとは、考えにくい。それ以上に静電気の発生が憂慮される。
  4. 正解:霧状にすれば、一粒一粒が空気と接触するようになる。
  5. 正解:熱容量が小さくなるため蒸発しやすくなる。

「3」が正解

当設問の解説

  • 表面積が大きくなることは、熱交換率の上昇につながり、このことは気化を早める要因となる。すなわち、蒸気が発生しやすいということである。液体の燃焼は蒸発燃焼である。
  • 空気と良く混ざり合うことは、支燃物である酸素との接触面積が大きくなり、燃焼しやすくなる。
  • 燃焼には酸素が不可欠である。また酸素濃度が濃くなれば燃焼は激しくなる。すなわち、爆発的(よく燃える)に燃焼が起こるようになる。
  • 熱交換が効率良く(熱容量が小さくなる)行われれば、瞬時にして気化し蒸気が発生する。

危険物乙4「燃焼の基礎知識」の勉強方法はこちら 

危険物乙4「燃焼の仕方、燃焼の難易」の勉強方法はこちら 

危険物乙4の過去問「燃焼の基礎知識」

危険物乙4の過去問「引火点・燃焼範囲・発火点・物質の危険性」

危険物乙4の過去問「消火の基礎知識」

危険物乙4の過去問「静電気」

危険物乙4の過去問「物質の三態」

危険物乙4の過去問「物理変化・化学変化」

危険物乙4の過去問「金属・イオン化傾向・腐食、有機化合物」

危険物乙4の過去問「酸・塩基、酸化と還元、酸化剤・還元剤」

危険物乙4の過去問「比熱・熱とその特性、熱の移動・熱伝導率・熱膨張」