第8章 問 8. 酸・塩基、酸化と還元、酸化剤・還元剤

前の問題  物理・化学一覧  次の問題

問.8 塩基性物質の性状に関する記述で、次のうち誤っているものはどれか。 すぐに解答確認

  1. 赤色リトマス紙が青色に変わる。
  2. 塩基性の水溶液は、ぬるっとした感触がある。
  3. 水酸化物に酸を加えると、水と塩ができる。
  4. 水溶液中で電離して、水酸化物イオンOH-を生じる。
  5. 水素イオンH+を遊離する。下記の解説を確認しよう!

危険物乙4「酸・塩基、酸化と還元、酸化剤・還元剤」の勉強方法はこちら 

危険物乙4の過去問(物理・化学)「酸・塩基、酸化と還元、酸化剤・還元剤」問.8の解説

ここ注意 「基礎的な物理学及び基礎的な化学(35問中10問)」合格には、60%以上なので10問中6問以上の正解数が必要です。

合格のポイント

  1. 水に溶かすと水素イオンを出すものを酸、水酸化物イオンを出すものを塩基といいます。
  2. 酸と塩基を混ぜると、中和反応により水と塩(えん)ができます。
  3. pH0~7未満を酸性、pH7を中性、pH7超~14をアルカリ性といいます。
  4. 物質が酸素と化合すること(または、水素を失うこと)を酸化といいます。
  5. 物質が酸素を失うこと(または、水素と化合すること)を還元といいます。
  6. 酸化と還元は同時に起こります。

過去問(物理・化学)「酸・塩基、酸化と還元、酸化剤・還元剤」問.8の解説

  1. 正解
  2. 正解
  3. 正解
  4. 正解
  5. 誤り

「5」が正解

当設問の解説

  • 塩基とは、水に溶けると電離して、水酸化物イオンOH-を生じる物質、又は他の物質から水素イオンH+を受け取ることができる物質のことをいう。

危険物乙4「酸・塩基、酸化と還元、酸化剤・還元剤」の勉強方法はこちら 

合格率アップのポイント!

  • 酸の性質:青色リトマス紙を赤変させる。 ⇒ こう出題されたら、正解
  • 酸化とは:物質が酸素と化合すること。 ⇒ こう出題されたら、正解
  • 酸化とは:水素化合物が水素を失うこと。 ⇒ こう出題されたら、正解
  • 酸化反応:燃える・錆びるは、すべて酸化反応である。 ⇒ こう出題されたら、正解
  • 還元:酸化物が酸素を失うこと。 ⇒ こう出題されたら、正解
  • 還元:物質が水素と化合すること。 ⇒ こう出題されたら、正解
  • 還元反応:二酸化炭素 ⇒ 一酸化炭素。 ⇒ こう出題されたら、正解
  • 酸化と還元の同時性:酸素と還元は必ず同時に起こる。 ⇒ こう出題されたら、正解

酸について

水に溶けたとき、水素イオン (H) を出す物質を「」といいます。

1.酸の性質

  • 水に溶けて水素イオン(H)を出す。
  • 青色リトマス試験紙が赤くなる(酸性反応)
  • 酸っぱい味がする。
  • 亜鉛や鉄などの金属と反応し、水素を発生する。

塩基について

水に溶けたとき、水酸化物イオン (OH) を出す物質を「塩基」または「アルカリ」といいます。

2.塩基の性質

  • 水に溶けて水酸化物イオン(OH)を出す。
  • 赤色リトマス試験紙が青くなる(アルカリ性反応)
  • 苦味があり、さわるとヌルヌルする。

中和と塩

酸の水溶液と塩基の水溶液を混ぜると、水素イオンと水酸化物イオンが結合して、両方の性質が失われます。これを「中和」といいます。

また、酸と塩基を中和してできる物質を「」といいます。一般に、中和では必ず水と塩ができます。

pH(ピーエッチ)

水溶液の酸性やアルカリ性の度合いは、水溶液中の水素イオンの量ではかることができます。

これを数値で表したものを「水素イオン指数」、または「pH(ピーエッチ)」といいます。

pH(ピーエッチ)の値

pHの値は0~14まであり、pH0~7未満が酸性、pH7超~14がアルカリ性です。pH7ちょうどは酸性でもアルカリ性でもなく、中性になります。

危険物乙4の過去問「燃焼の基礎知識」

危険物乙4の過去問「引火点・燃焼範囲・発火点・物質の危険性」

危険物乙4の過去問「消火の基礎知識」

危険物乙4の過去問「静電気」

危険物乙4の過去問「物質の三態」

危険物乙4の過去問「物理変化・化学変化」

危険物乙4の過去問「金属・イオン化傾向・腐食、有機化合物」

危険物乙4の過去問「酸・塩基、酸化と還元、酸化剤・還元剤」

危険物乙4の過去問「比熱・熱とその特性、熱の移動・熱伝導率・熱膨張」