参考書危険物乙4の参考書はこう選ぼう!知識「0の初心者」におすすめな参考書    勉強方法危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは? 

問16. 燃焼の基礎知識

前の問題 第2回 実力テスト一覧  次の問題

※ この過去問は確認用の問題です。どれくらい知識が定着しているか確認しましょう。

問.16 燃焼に関する一般的な説明として、次のうち誤っているものはどれか。 すぐに解答確認

  1. 燃焼が始まるためには、原則として可燃物、酸素供給源及び着火源の3つが同時に共存することが必要である。
  2. いったん燃焼が始まれば、燃焼しているものが着火源の働きをするので、可燃物と酸素供給源の2つだけで燃焼が継続する。
  3. 有機物の燃焼で酸素が不足していると、一酸化炭素、アルデヒド類、すす、炭化水素などが生成される。
  4. 有機物や無機物にかかわらず完全に酸化された場合は、二酸化炭素と水蒸気が生成される。下記の解説を確認しよう!
  5. 有機物であり可燃物であって、かつ、燃焼に必要な酸素を含む物質は、空気や酸素の供給がなくても燃焼する。

危険物乙4「燃焼の基礎知識」の勉強方法はこちら 

合格率は?危険物乙4の難易度・合格率を「過去5年分」調査した結果は?    メリットは?危険物乙4を取得するメリットは?「プラスに作用する」ことを解説    出題傾向危険物乙4の出題傾向を把握しよう!【勉強方法も掲載】 

危険物乙4の過去問「第2回 実力テスト」問16. 燃焼の基礎知識の解説

ここ重要 「基礎的な物理学及び基礎的な化学(35問中10問)」合格には、60%以上なので10問中6問以上の正解数が必要です。

危険物乙4の過去問(第2回 実力テスト)「燃焼の基礎知識」問.16の解説

  1. 燃焼が始まるためには、原則として燃焼の三要素である可燃物、酸素供給源及び着火源の三つが同時に共存することが必要である。
  2. いったん燃焼が始まれば、燃焼しているものが着火源の働きをするので、可燃物と酸素供給源の2つだけで燃焼が継続する。
  3. 有機物の燃焼で酸素が不足(不完全燃焼)していると、一酸化炭素、アルデヒド類、すす、炭化水素などが生成される。
  4. 一般に有機物(有機化合物)が完全に酸化(燃焼と同じ)された場合は、二酸化炭素と水蒸気が生成されるが、炭素と水素の両方が含まれていない無機化合物が完全に酸化されても二酸化炭素と水蒸気は生じない
  5. 有機物であり可燃物であって、かつ、燃焼に必要な酸素を含む第5類のニトログリセリン(ダイナマイトの原料)は、空気や酸素の供給がなくても燃焼する。

「4」が正解

 

問題のポイント !!

有機物(化合物)、無機物(化合物)の相違

有機物 … 一般に炭素の化合物を有機化合物という。

  • 炭素が燃焼すると二酸化炭素になる。
  • 水素が燃焼すると水になる。

無機物 … 無機物には炭素と水素の両方が含まれたものがないので、酸化(燃焼)されても二酸化炭素と水蒸気(水)を発生するものはない。また、無機物は燃焼しないものが多い。

危険物乙4【過去問】第2回 実力テスト ( 35問 )