危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

Amazonランキング【危険物取扱者の資格】

amazon【危険物取扱者の資格】売れ筋ランキング!

危険物乙4について手っ取り早く知りたい人は「無料の資料請求」をすることが最短の道のり。
通信講座の資料は「知っておくべき情報が初心者でも分かりやすく」作られているので、「資格についてもう少し知りたい!」という人には最適の資料になっています。( ※特に講座をすすめるものではありません )

よくある誤解通信講座の資料請求をすると勧誘電話やメールが頻繁にくるなんて思ってませんか?
ユーキャンは無料の資料請求をしても勧誘電話やメールは一切ありません。安心して資料だけ貰えてお得という話です。

まずは、時間もお金もかけずに危険物乙4の資料請求をしましょう! ⇒ ユーキャンの危険物取扱者講座( 無料・登録2,3分・しつこい営業電話一切なし )

無料なので私もよく資料請求していますが、資料請求をしても本人確認はメールのみで、勧誘電話も一切ありません。

 

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

危険物乙4を今すぐ無料で受講できる! 危険物取扱者乙種4類の「無料体験学習」未来へ一歩踏み出そう!

通信教育は確かにお金はかかりますが、資格を取得した未来の自分を想像してみてください。

資格を取得すれば「あなたの強みや評価」は高まるはず。あなたも試してはどうですか?

受講者累計27万人突破! 自分の好きな時にプロの講義を独り占めできる【フォーサイト】

 

 

危険物乙4の勉強方法でよくあるお悩み

  • 参考書読んだら思ったより難しそう。
  • 一度チャレンジしたけど挫折した。
  • どこをどう覚えればいいのか分からない。勉強方法が分からない。
  • 勉強が得意ではないので自分の勉強方法に自信がない。などなど

 

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

ボクも参考書少し読んだけど、全然わからん。そもそもこんなに暗記できない。

合格できる危険物乙4の勉強方法を教えてください~。

すぐに危険物乙4の出題頻度が高い項目を勉強したい人はコチラ ⇒ 【危険物乙4の勉強方法のまとめ】さぁ、危険物乙4の勉強を始めましょう!【当記事の下部】↓↓

 

まず危険物乙4の勉強方法で大切なこと、それは「正しい勉強方法を知ること」です。

あなたの周りにこんな人いませんか?「さほど時間をかけずに要領良く資格試験に合格できる人」

おそらく、このような人は自分の勉強方法が確立されていて、正しい勉強方法を実践している人です。

 

大事なポイント!

正しい勉強方法を知ると、自分自身にこんなプラス作用があることを知ってますか?

  1. 正しい勉強方法を知り、それを実践しながら学習する↓
  2. 試験に合格できる↓
  3. 自分の勉強方法が確立されていく・勉強のやり方がわかる↓
  4. 結果、やる気も出て前向きに勉強できる↓
  5. また資格試験にチャレンジしたくなる!

このように第一歩として「正しい勉強方法を知る」ことにより様々なプラス作用が生まれます。

ただやみくもに勉強してても時間だけが過ぎ、効率も悪いことはあなたも知っているはず。ではどうすればいいのか?

 

危険物乙4の本試験を13回以上も受験?

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

なぜ私が、危険物乙4の試験を何回も受験しているのか。それは危険物乙4の通信講座の教材作成をしているから。そのノウハウや経験から前向きにできる正しい危険物乙4の勉強方法を解説します。

危険物乙4の勉強方法で結果が出やすくなる3つの方法とは?【得する勉強知識】

勉強法で重要なこと!知識を「増やすこと」そして「確認すること」

知識を増やすこと = 「参考書」や「自作のノート・要点をまとめたノート」などを読んで暗記したり知識をインプットすること
知識を確認すること = 「問題集」や「過去問」を解いて今の実力・知識をアウトプットすること。

勉強をする中で、大きく分けて2つの作業があります。

それは、「インプット(知識を増やす)」と「アウトプット(知識を確認する)」です。

 

インプットだけではダメ

よくインプットだけをして本番の試験に臨む人がいますが、それでは良い結果は望めませんし、決してインプットだけをして勉強している気になんてならないでください。

インプットとアウトプットの反復作業がとても重要

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

大切なのは、インプットをしたら、必ずアウトプットを行うことです。その作業を行わないと、いまの自分の実力が分かりませんし、アウトプットをすることにより知識がより定着します。

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

ふ~ん。インプットとアウトプットですか。

確かに「覚えよう覚えよう」と思ってインプットばかりしてた気がする…。

【まず1冊を徹底的に】問題集を繰り返し解く

基本的に参考書は1冊で十分。問題集もまず1冊を繰り返し解きます。知識が定着するまで何冊も買う必要はありません。

1冊を徹底的に解く

私はある程度、知識が定着するまでは1冊の問題集を丁寧に解くことをおススメします。よく1冊の問題集を1周やっただけで違う問題集に変える人いませんか?問題集を変えると、前の問題集でやった内容が別の書き方(言い回し)をしていたりすることがあります。すると、そこでまた考え直さなければならなくなります。結果、せっかく覚えた知識がうまく活かされず、知識が定着しづらいです。

問題を解くときのポイント

問題を解く際に、1回目に間違った問題には、チェックマークを付けておきます。それ以降に行うときは、そのチェックマークが付いてある問題だけを解きます。それを何回も繰り返すと、チェックマークが付いている数で、苦手な部分が分かります。

 

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

本番試験の直前には、チェックマークが付いている問題だけ解くことにより、効率良く復習ができます。

※ しかし、より知識定着のために、チェックマークが付いていない問題も数回に1回ぐらい解いてください。

【必ず行ってください!】過去問で知識をアウトプットする重要性

あなたは暗記って得意ですか?

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

突然ですが、あなたは暗記が得意ですか? 参考書の丸暗記ってできます?

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

いやいや、そんなの絶対無理!

丸暗記なんてできないし、そもそもしたくない!

 

過去問の重要性を理解しよう!

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

誰だって本番の試験に出題されそうな部分のみ勉強(暗記)したいものです。その出題されそうな部分を知ることができるのが「過去問」なのです。過去問は試験の出題傾向を知り・どんな問題が出やすいか情報を集めることができます。

例えば過去問を全く知らずに勉強しても、何をどれくらい・どう覚えればいいかわかりません。勉強効率はかなり悪くなります。

過去問は大事な教材です

それに対して、出題されそうな部分の内容を視野に入れて勉強するとなると、結果に直接リンク(関係)する内容を集中的に勉強できます。これだけで、勉強効率は一段と良くなり、当然合格もしやすくなります。

【まとめ】3つの「結果が出やすくなる勉強方法」

勉強方法で知ってると得する知識!

3つの「結果が出やすくなる勉強方法」をまとめると…

  1. インプットしたら必ずアウトプットもする!この反復作業があなたの知識を定着させます。
  2. 参考書と問題集は何冊も買わない!もし買うならある程度知識が定着したあとに購入する。
  3. 過去問はとっても大事な存在。なぜなら、出題傾向を知り・どんな問題が出やすいか情報を集めることができるから。
危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

うん!なんとなく分かった。早く具体的な勉強方法を教えて~。1日も早く合格できる勉強方法でお願いします。

では次に、危険物乙4の「具体的な勉強方法について」解説します。

【最新】危険物乙4の勉強方法で83%以上の合格者を出す具体的な方法とは?

前述において、前提知識の「結果が出やすくなる勉強方法」を理解したうえで、ここからは、危険物乙4に合格できる具体的な勉強方法を解説します。

危険物乙4に合格できる具体的な勉強方法 (ステップ1)

まずは1冊ずつ、参考書と問題集を購入しましょう。
そして、大事なこと!「最初っから参考書を頑張って読まない!
いきなり問題集を頑張って解こうとしない!
※ 参考書と問題集を買っていない人は、こちらの記事「 危険物乙4の参考書はこう選ぼう!知識「0の初心者」におすすめな参考書 」をご覧ください。

 

参考書を読まなくていいの?

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

参考書を読まなくていい。なぜか? それは、最初から参考書を熟読するのは時間がもったいないですし、急に参考書を読んでも理解できない可能性が高いからです。

問題集も解かないの?

また、問題集を使って勉強効率を上げる為には、最初から自分で問題集を頑張って解く必要はありません。そもそも最初は解けませんしね。では、どんな方法で勉強をするのか?

危険物乙4に合格できる具体的な勉強方法 (ステップ2)

まず勉強する範囲の絞り込みをしましょう

まずは勉強する範囲を選定し、それが決定したら…(例えば「法令の指定数量」を最初に勉強するなら、それだけに範囲を絞ります)

1 問題文とその解説(解答)文を「簡単にサラッと」読む。
2 次に、その問題の重要な解説部分を参考書から探す。そして、そこにチェックをする。(蛍光ペンや赤ペンなどでマークする)
指定数量の問題は、「品名とそれぞれの指定数量(50や100㍑)」や「指定数量の計算方法」を覚えれば問題が解けるようになるので、そこにチェック又はマークを付ける。
※ 参考書によっては載っていない場合もあるので、そのときは参考書の余白等やノートに重要な解説を書き込む。
3 次の問題へ進み、1からまた同じことを繰り返す。

 

勉強の効率化をしよう!

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

まず問題を軽く眺めて、すぐに解説を読むことです。なぜなら、考えている時間がもったいないので解説を読んでしまうんです。

重要な割り出し作業を優先する

ここで重要なことは、問題の解説部分から重要な部分を割り出し、参考書にチェックをすることです。この作業は、覚えるべき内容の把握をしている段階です。

危険物乙4に合格できる具体的な勉強方法 (ステップ3)

そして上記、2の作業「次に、その問題の重要な解説部分を参考書から探す。そして、そこにチェックをする」のとき、次の3つのことを意識することがとても重要です。

ここ大事なポイントです!!

2の作業をするときに

  1. 何を聞かれているのか、問われているのか
  2. どこの何を覚えたらこの問題が解けるようになるのか
  3. どれくらいの範囲が問われてるのか (※ 例えば指定数量の問題では、第4類の指定数量のみならずその他の類の指定数量も出題される場合があります。)

把握と意識 出題の意図を把握・意識しながら知識を定着していくことがとっても大切です。「参考書だけ」では、これほど勉強効率が上がる学習は絶対にできません。

 

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

なるほど~。こんな感じで参考書と問題集をうまく併用すればいいんだ! 確かに最初から頑張って過去問を解いても分からないし。

過去問を解けるようになるために、まずは「覚えるべき内容の把握」が大事なんですね!

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

その通り! まずは「覚えるべき内容の把握」が大事です。

こちらで過去問の使い方を詳しく解説しています。

危険物乙4の過去問はいつ始める?「プラスに作用する」過去問の使い方

危険物乙4に合格できる具体的な勉強方法 (ステップ4)

最後にすべての出題範囲「法令」「物理・化学」「消火・性質」の問題の解説部分から重要な部分を割り出し、参考書にチェックをしたら、そこを集中的に覚えていきましょう。

あなたはこの時点で覚えるべき重要な部分は分かっているはずです。あとはとにかく暗記の勝負になります。また前述で紹介した「【まず1冊を徹底的に】問題集を繰り返し解く ↑↑」を参考に問題を解いてください。

【まとめ】危険物乙4に合格できる「具体的な勉強方法」

最初は誰だって参考書を長時間熟読しても、どこの何を覚えていいのか分からないものです。

過去問や問題集を見ずに参考書だけで勉強してても、「探し物は何なのか理解していないのに、頑張って何かを探している状態」に等しいのです。早い段階から過去問や問題集など「実践を意識した問題」を使って覚えることが一番勉強効率を上げることができます。

実践を意識することが大事

つまり、より実践に近い勉強方法ほど効果がとても高いのです

 

私が考える参考書の目的とは、「余計な部分は省いて、出題されそうな部分・されると予想される部分の知識を集中的に身につけること」です。

一般的に参考書は「読むこと」ではなく「知識を身につけること」が目的です。
まず何より、その「知識を身につける」ということを意識して、チェックを付けたところを集中的に覚えるようにしてください。そうすれば自然と問題は解けるようになります。

 

成長体験を実感しよう!

問題が徐々に解けるようになると、自分自身の成長が実感でき、前向きに勉強ができるようになります。このような成長体験を積むことでさまざまな資格に挑戦できるメンタルが持てるようになります。

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

この勉強方法は、誰でもすぐに実践することができます。 もちろんあなたもやればできます!!
冒頭でも言いましたが、「正しい危険物乙4の勉強方法を知る」ことにより様々なプラス作用が生まれるようになるんです。

また、過去問の使い方はこちらを参考にしてください。⇒ 危険物乙4の過去問はいつ始める?「プラスに作用する」過去問の使い方

【危険物乙4の勉強方法のまとめ】さぁ、危険物乙4の勉強を始めましょう!

さぁ、あとはこれまで解説した内容を元に勉強を始めれば1歩1歩合格に近づきます。ここからは、危険物乙4の出題頻度が高い項目とその勉強法を解説します。

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

科目別に危険物乙4の「出題頻度が高い項目」とその「覚えるべき内容」が載ってる。

ちゃんと勉強すれば合格できそうな気がしてきた!

危険物乙4「法令」の勉強方法

危険物乙4「消火・性質」の勉強方法

危険物乙4「物理・化学」の勉強方法

危険物乙4+(plus) 合格に必要な記事

危険物乙4の2019年度の合格率は「38.6%」と国家資格の中では比較的高い合格率になっています。そんな危険物乙4を取得するとどんなメリットがあるのか?また勉強方法はどうすれば?参考書は?などなど、これから本試験にチャレンジする人なら当然気になりますよね。
当サイト危険物乙4+(plus)では、参考書やテキスト・過去問・勉強方法など危険物乙4に特化した情報を掲載しています。ぜひご覧ください。