参考書危険物乙4の参考書はこう選ぼう!知識「0の初心者」におすすめな参考書    勉強方法危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは? 

問18. 燃焼の総合問題

前の問題 第2回 実力テスト一覧  次の問題

※ この過去問は確認用の問題です。どれくらい知識が定着しているか確認しましょう。

問.18 次のうち正しいものはどれか。 すぐに解答確認

  1. 引火点と発火点は、固体においては同じ温度である。
  2. 可燃性蒸気と空気との混合気体は、混合比に関係なく燃焼する。
  3. 木炭、コークス等の燃焼の形態を分解燃焼という。
  4. 沸点の高い可燃性液体には、引火点がない。
  5. 一般に固体や液体の燃焼は、酸素濃度を高くすると燃焼速度は激しくなる。下記の解説を確認しよう!

危険物乙4「燃焼の仕方、燃焼の難易」の勉強方法はこちら 

合格率は?危険物乙4の難易度・合格率を「過去5年分」調査した結果は?    メリットは?危険物乙4を取得するメリットは?「プラスに作用する」ことを解説    出題傾向危険物乙4の出題傾向を把握しよう!【勉強方法も掲載】 

危険物乙4の過去問「第2回 実力テスト」問18. 燃焼の総合問題の解説

ここ重要 「基礎的な物理学及び基礎的な化学(35問中10問)」合格には、60%以上なので10問中6問以上の正解数が必要です。

危険物乙4の過去問(第2回 実力テスト)「燃焼の総合問題」問.18の解説

  1. 固体、液体にかかわらず、引火点と発火点は必ず異なった温度である
  2. 蒸発燃焼する可燃性物には必ず燃焼範囲があり、混合比がこの範囲内でないと燃焼しない。ガソリンが燃焼することができる下限値の1.4は、ガソリンの蒸気1.4%で空気が98.6%であることを表している。
  3. 木炭、コークス等の燃焼の形態は、分解燃焼ではなく表面燃焼という。
  4. 沸点が高くとも、可燃性(燃焼する)液体であれば必ず引火点がある。
  5. 21%ある空気中の酸素濃度を40、50%と高くなると、固体や液体にかかわらず燃焼速度は激しくなり高温となる。

「5」が正解

 

危険物乙4【過去問】第2回 実力テスト ( 35問 )