参考書危険物乙4の参考書はこう選ぼう!知識「0の初心者」におすすめな参考書    勉強方法危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは? 

問7. 危険物の規制

前の問題 第2回 実力テスト一覧  次の問題

※ この過去問は確認用の問題です。どれくらい知識が定着しているか確認しましょう。

問.7 法令上、危険物の規制として、次のうち誤っているものはどれか。 すぐに解答確認

  1. 製造所の位置、構造又は設備を変更しないで、貯蔵し又は取扱う危険物の品名、数量又は指定数量の倍数を変更しようとするときは、変更しようとする10日前までに市町村長等に届け出なければならない。
  2. 指定数量未満の危険物の貯蔵又は取扱いの技術上の基準は、市町村条例で定められている。
  3. 製造所等を廃止した者は、遅滞なくその旨を市町村長等に届け出なければならない。
  4. 危険物を運搬する場合は、積載方法及び運搬方法、容器の構造及び最大容量等についての基準を守らなければならない。
  5. 危険物保安監督者を定めなければならない製造所等には、危険物施設保安員も定めなければならない。下記の解説を確認しよう!

危険物乙4「設置許可申請等の手続き(届出)」の勉強方法はこちら 

合格率は?危険物乙4の難易度・合格率を「過去5年分」調査した結果は?    メリットは?危険物乙4を取得するメリットは?「プラスに作用する」ことを解説    出題傾向危険物乙4の出題傾向を把握しよう!【勉強方法も掲載】 

危険物乙4の過去問「第2回 実力テスト」問7. 危険物の規制の解説

ここ重要 「危険物に関する法令(35問中15問)」合格には、60%以上なので15問中9問以上の正解数が必要です。

危険物乙4の過去問(第2回 実力テスト)「危険物の規制」問.7の解説

  1. 製造所の位置等を変更しないで、危険物の品名等変更しようとするときは、変更しようとする日の10日前までに市町村長等に届け出なければならない。
  2. 指定数量未満の危険物の貯蔵又は取扱いは、市町村条例で定められている。
  3. 製造所等を廃止した者は、遅滞なく市町村長等に届け出なければならない。
  4. 危険物を運搬する場合は、積載方法及び運搬方法、容器の構造及び最大容量等についての基準を守らなければならない。
  5. 危険物保安監督者は危険物施設12箇所のうち11箇所に必要であり、危険物施設保安員は3施設だけなので誤っている。

「5」が正解

危険物乙4【過去問】第2回 実力テスト ( 35問 )