参考書危険物乙4の参考書はこう選ぼう!知識「0の初心者」におすすめな参考書    勉強方法危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは? 

問10. 危険物取扱者免状の書換え等

前の問題 第3回 実力テスト一覧  次の問題

※ この過去問は確認用の問題です。どれくらい知識が定着しているか確認しましょう。

問.10 法令上、危険物取扱者について、次のうち誤っているものはどれか。 すぐに解答確認

  1. 乙種危険物取扱者の免状の交付を受けている者が、取扱うことができる危険物の種類は免状に指定されている。
  2. 免状を亡失した場合は、10日以内にその免状を交付した都道府県知事に届け出なければならない。下記の解説を確認しよう!
  3. 免状は甲種、乙種及び丙種の3種類がある。
  4. 免状を亡失又は破損した場合は、免状を交付又は書換えをした都道府県知事に再交付の申請をすることができる。
  5. 免状はそれを取得した都道府県の範囲だけでなく、全国で有効である。

危険物乙4「危険物取扱者、危険物取扱者免状の交付・書換え」の勉強方法はこちら 

合格率は?危険物乙4の難易度・合格率を「過去5年分」調査した結果は?    メリットは?危険物乙4を取得するメリットは?「プラスに作用する」ことを解説    出題傾向危険物乙4の出題傾向を把握しよう!【勉強方法も掲載】 

危険物乙4の過去問「第3回 実力テスト」問10. 危険物取扱者免状の書換え等の解説

ここ重要 「危険物に関する法令(35問中15問)」合格には、60%以上なので15問中9問以上の正解数が必要です。

危険物乙4の過去問(第3回 実力テスト)「危険物取扱者免状の書換え等」問.10の解説

  1. 乙種危険物取扱者は、取扱うことができる危険物の種類が「第4類の危険物」等と免状に指定されている。
  2. 再交付の申請は必要であるが、免状を亡失したと届け出る必要はない
  3. 免状は甲種、乙種及び丙種の3種類ある。
  4. 免状の再交付の申請先は、交付又は書換えをした都道府県知事である
  5. 免状はそれを取得した都道府県の範囲だけでなく、全国で有効である。

「2」が正解

 

危険物乙4【過去問】第3回 実力テスト ( 35問 )