参考書危険物乙4の参考書はこう選ぼう!知識「0の初心者」におすすめな参考書    勉強方法危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは? 

問12. 保安講習

前の問題 第1回 実力テスト一覧  次の問題

※ この過去問は確認用の問題です。どれくらい知識が定着しているか確認しましょう。

問.12 法令上、危険物の取扱い作業の保安に関する講習について、次のうち誤っているものはどれか。 すぐに解答確認

  1. 危険物保安監督者は、受講の対象者となる。
  2. 製造所等で危険物の取扱い作業に従事している危険物取扱者は、受講の対象者となる。
  3. 受講義務のある危険物取扱者が受講しなかったときは、免状返納命令の対象となる。
  4. 免状の交付を受けた都道府県だけでなく、どこの都道府県で行われている講習であっても、受講することが可能である。
  5. 受講義務のある危険物取扱者のうち、甲種及び乙種危険物取扱者は3年に1回、丙種危険物取扱者は5年に1回、それぞれ受講しなければならない。下記の解説を確認しよう!

危険物乙4「保安講習」の勉強方法はこちら 

合格率は?危険物乙4の難易度・合格率を「過去5年分」調査した結果は?    メリットは?危険物乙4を取得するメリットは?「プラスに作用する」ことを解説    出題傾向危険物乙4の出題傾向を把握しよう!【勉強方法も掲載】 

危険物乙4の過去問「第1回 実力テスト」問12. 保安講習の解説

ここ重要 「危険物に関する法令(35問中15問)」合格には、60%以上なので15問中9問以上の正解数が必要です。

危険物乙4の過去問(第1回 実力テスト)「保安講習」問.12の解説

  1. 危険物保安監督者は、選任条件(甲種か乙種危険物取扱者で実務経験6ヶ月以上、保安の監督をする等)からみても受講対象者である。
  2. 危険物の取扱い作業に従事している危険物取扱者は、受講の対象者である。
  3. 受講義務のある危険物取扱者が受講しなかったときは、免状返納命令の対象となる。
  4. どこの都道府県で行われている講習であっても、受講することは可能である。
  5. 受講義務のある危険物取扱者のうち、甲種、乙種及び丙種は、3年以内に1回の受講が義務づけられている。丙種のみ5年に1回は、誤っている。

「5」が正解

問題のポイント !!

危険物乙4「保安講習」の勉強方法はこちら 

  • ここ大事継続して危険物の取扱い作業に従事している危険物取扱者(甲種、乙種、丙種)は、3年以内に1回の受講が義務付けられている。

危険物乙4【過去問】第1回 実力テスト ( 35問 )