「第2回 法令」問36. 危険物取扱者免状

前の問題 第2回 法令一覧  次の問題

※ この過去問は最新の問題です。基本問題で知識を定着させ、確実に合格するために最新のより上質な過去問を解きましょう。

問.36 法令上、危険物取扱者について、次のうち誤っているものはどれか。 すぐに解答確認

  1. 製造所等において、危険物の取扱い作業に従事する危険物取扱者は、一定期間ごとに都道府県知事が行う危険物の取扱い作業の保安に関する講習を受けなければならない。
  2. 危険物取扱者は、免状の記載事項に変更を生じたときは、遅滞なく、本籍地を管轄する市町村長に免状の書換えを申請しなければならない。下記の解説を確認しよう!
  3. 免状を亡失してその交付を受けた者は、亡失した免状を発見した場合は、これを10日以内に免状の再交付を受けた都道府県知事に提出しなければならない。
  4. 都道府県知事は、法に違反している危険物取扱者に対し、その免状の返納を命ずることができる。
  5. 甲種危険物取扱者が立ち会えば、危険物取扱者以外の者でもすべての危険物を取り扱うことができる。

危険物乙4「危険物取扱者、危険物取扱者免状の交付・書換え」の勉強方法はこちら 

危険物乙4の過去問「第2回 法令」問36. 危険物取扱者免状の解説

ここ重要 「危険物に関する法令(35問中15問)」合格には、60%以上なので15問中9問以上の正解数が必要です。

危険物乙4の過去問(第2回 法令)「危険物取扱者免状」問.36の解説

免状を交付しない場合

  • 免状の返納を命じられ、その日から起算して1年を経過していない者。
  • 消防法令の規定に違反して罰金以上の刑に処せられた者で、その執行が終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過しない者。

 

  1. 正解
  2. 誤り
  3. 正解
  4. 正解
  5. 正解

「2」が正解

危険物乙4「危険物取扱者、危険物取扱者免状の交付・書換え」の勉強方法はこちら 

危険物乙4【最新】第2回 法令の過去問 ( 57問 )