「第1回 法令」問55. 運搬の基準

前の問題 第1回 法令一覧  次の問題

※ この過去問は最新の問題です。基本問題で知識を定着させ、確実に合格するために最新のより上質な過去問を解きましょう。

問.55 法令上、危険物の運搬に関する技術上の基準として、危険物を積載する場合の運搬容器を積み重ねる高さの制限として定められているものは、次のうちどれか。 すぐに解答確認

  1. 1m以下
  2. 2m以下
  3. 3m以下下記の解説を確認しよう!
  4. 4m以下
  5. 5m以下

危険物乙4「危険物運搬の基準」の勉強方法はこちら 

危険物乙4の過去問「第1回 法令」問55. 運搬の基準の解説

ここ重要 「危険物に関する法令(35問中15問)」合格には、60%以上なので15問中9問以上の正解数が必要です。

危険物乙4の過去問(第1回 法令)「運搬の基準」問.55の解説

  1. 誤り
  2. 誤り
  3. 正解:積み重ね制限は3m以内
  4. 誤り
  5. 誤り

「3」が正解

運搬とは、人力又は動力を用いる機器(自動車等)により危険物を運搬する行為で、移動タンク貯蔵所による危険物の移送とは異なる。

運搬容器外部への表示する事項

  • 1. 危険物の品名、危険等級、化学名
  • 2. 「水溶性」の表示(水溶性の第4類危険物のみ)
  • 3. 危険物の数量
  • 4. 収納する危険物に応じた注意事項(例:第4類危険物⇒「火気厳禁」)

積載方法に関する基準

  • 1. 積み重ね制限は3m以内
  • 2. 落下・転倒・漏れの防止・・・収納口を上方に向ける。
  • 3. 混載の禁止・・・高圧ガス(120㍑未満を除く)
  • 4. 「運搬容器は、収納口を上方に向けて積載すること。」
  • 5. 第4類の危険物と混載できる危険物 ⇒ 第2類、3類、5類は混載可能
  • 6. 固体の危険物は、運搬容器の95%以下の収納率で収納する。
  • 7. 液体の危険物は、運搬容器の98%以下の収納率で、55℃の温度で漏れないように十分な空間容積をもって収納する。

危険物乙4「危険物運搬の基準」の勉強方法はこちら 

危険物乙4【最新】第1回 法令の過去問 ( 66問 )