「第1回 法令」問17. 各種申請・届出

前の問題 第1回 法令一覧  次の問題

※ この過去問は最新の問題です。基本問題で知識を定着させ、確実に合格するために最新のより上質な過去問を解きましょう。

問.17 法令上、10日以内の制限があるのは、次のうちどれか。 すぐに解答確認

  1. 所轄消防署長から承認を受け、指定数量以上の危険物を製造所等以外の場所で仮に貯蔵し、又は取扱うことができる期間。下記の解説を確認しよう!
  2. 都道府県知事から免状の返納命令を受けてから、返納するまでの期間。
  3. 製造所等の変更工事中に、市町村長等の承認を受け、当該製造所等の変更工事部分以外の部分について仮に使用できる期間。
  4. 免状を亡失してから、都道府県知事に再交付を申請する期間。
  5. 予防規程を定めてから、市町村長等に認可の申請をする期間。

危険物乙4「設置許可申請等の手続き(届出)」の勉強方法はこちら 

危険物乙4「設置許可申請等の手続き(許可)」の勉強方法はこちら 

危険物乙4「設置許可申請等の手続き(承認)」の勉強方法はこちら 

危険物乙4の過去問「第1回 法令」問17. 各種申請・届出の解説

ここ重要 「危険物に関する法令(35問中15問)」合格には、60%以上なので15問中9問以上の正解数が必要です。

危険物乙4の過去問(第1回 法令)「各種申請・届出」問.17の解説

  1. 正解:「仮貯蔵・仮取扱い 」について確認しましょう!
  2. 誤り:期間の定めはない。
  3. 誤り:仮使用できる制限の規定はない。
  4. 誤り:再交付を申請する期間の定めはない。亡失した免状を発見した場合は、10日以内に再交付を受けた都道府県知事に提出しなければならない。
  5. 誤り:認可の申請期間の定めはない。

「1」が正解

危険物乙4「設置許可申請等の手続き(届出)」の勉強方法はこちら 

危険物乙4「設置許可申請等の手続き(許可)」の勉強方法はこちら 

危険物乙4「設置許可申請等の手続き(承認)」の勉強方法はこちら 

危険物乙4【最新】第1回 法令の過去問 ( 66問 )