危険物乙4の過去問を100問以上掲載中!
危険物乙4のよくある質問集(FAQ)

危険物乙4「設置許可申請等の手続き(許可)」の勉強方法

危険物乙4「設置許可申請等の手続き(許可)」の勉強方法

危険物に関する法令の「設置許可申請等の手続き(許可)

過去の出題率は100%」と法令の中でも特に高い出題傾向になっています。

設置許可申請等の手続き(許可)に関して「覚えるべき内容を把握」しよう!

危険物乙4「設置許可申請等の手続き(許可)」の勉強方法と覚えるべき内容は?

ここ重要 設置許可申請等の手続き(許可)で覚えるべき内容は「設置許可申請等の手続き(許可)が必要な事項」

各種「設置許可申請等の手続きの種類」について理解しよう!

手続事項 手続内容 申請先
許可 1. 設置 製造所等を設置
(ガソリンスタンド等を新しく造る等)
市町村長等
2. 変更 製造所等の位置、構造または設備の変更
(ガソリンスタンドの設備を新しく換える等)
承認 1. 仮貯蔵・仮取扱い 指定数量以上の危険物を10日以内の期間、仮に貯蔵し取り扱う場合 消防長または消防署長
2. 仮使用 変更部分以外の全部または一部を仮に使用する場合 市町村長等
認可 1. 作成
2. 変更
予防規定を作成または変更した場合 市町村長等
届出 - 1. 製造所等の譲渡又は引渡し
(遅滞なく)
市町村長等
2. 危険物の品名、数量または指定数量の倍数の変更
(10日前まで)
3. 製造所等の用途を廃止
(遅滞なく)
4. 危険物保安統括管理者を選任または解任
(遅滞なく)
5. 危険物保安監督者を選任または解任
(遅滞なく)

設置許可申請等の手続き(許可)が必要な事項について

「設置許可申請等の手続き(許可)が必要な事項」について理解しよう!

設置許可申請等の手続き(許可)は、市町村長等に対して申請する。

申請内容 申請手続き 申請先
製造所等の設置または
製造所等の位置、構造、設備の変更 ここ暗記
(ガソリンスタンド等を新しく造る、又は洗車機を新しい機種に換える等)
許可 市町村長等

※ 「市町村長」「都道府県知事」「総務大臣」をまとめて市町村長等という。

「製造所等の設置または変更」について

  1. 製造所、貯蔵所、取扱所を新しく設置する場合には、事前(工事着工前)に市町村長等に申請を行い、設置の許可を受けなければなりません。
  2. すでにある施設の一部を変更する場合も同じで、変更前に申請を行い、許可を受ける必要があります。

「完成検査前検査」について

  1. 完成検査前検査とは?:液体危険物用のタンクをもつ製造所等を設置または変更する場合に、完成検査の前に行われる検査。新しく設置・変更する製造所等が、液体の危険物を入れるタンクをもっている場合には、施設全体の完成検査を受ける前に、タンクを検査する完成検査前検査も受けなければならない。完成検査前検査は、工事が完了してしまうと検査できないタンク内部などを工事中に検査します。

製造所等の設置・変更の申請先について

区分 設置・変更場所 許可権者
(申請先)
製造所等 消防本部及び消防署がある市町村の区域
(移送取扱所を除く)
その区域を管轄する
市町村長
消防本部及び消防署のない市町村の区域
(移送取扱所を除く)
その区域を管轄する
都道府県知事
移送取扱所 消防本部及び消防署がある1つの市町村の区域
(移送取扱所)
その区域を管轄する
市町村長
消防本部及び消防署のない1つの市町村の区域、
または2つ以上の市町村にまたがる区域
(移送取扱所)
その区域を管轄する
都道府県知事
2つ以上の都道府県にまたがる区域
(移送取扱所)
総務大臣

危険物乙4+(plus) 合格に必要なカテゴリー

危険物乙4の2018年度の合格率は「39.0%」と国家資格の中では比較的高い合格率になっています。そんな危険物乙4を取得するとどんなメリットがあるのか?また勉強方法はどうすれば?参考書は?などなど、これから本試験にチャレンジする人なら当然気になりますよね。当サイト危険物乙4+(plus)では、合格に必要な記事に訪問者がすぐに到達できるようにカテゴリー別に記事を書いています。ぜひご覧ください。