危険物乙4の過去問を100問以上掲載中!
危険物乙4のよくある質問集(FAQ)

危険物乙4「定期点検」の勉強方法

危険物乙4「定期点検」の勉強方法と覚えるべき内容は?

ここ重要 定期点検で覚えるべき内容は、「定期点検が必要な施設」「定期点検実施者」「点検時期・点検の記録」

定期点検について

「定期点検」について理解しよう!

製造所等の所有者、管理者または占有者は、その位置、構造及び設備が、常に技術上の基準に適合しているか否かを定期的に点検し、その点検記録を作成し、一定の期間保存することが義務づけられている。

定期点検が必要な施設とは? ここ暗記

製造所、貯蔵所、取扱所のうち、定期点検が必要な施設は以下の通りである。

製造所 指定数量の10倍以上のもの
地下タンクを有するもの
屋外貯蔵所 指定数量の100倍以上のもの
屋内貯蔵所 指定数量の150倍以上のもの
屋外タンク貯蔵所 指定数量の200倍以上のもの
地下タンク貯蔵所 すべて
移動タンク貯蔵所 すべて
給油取扱所 地下タンクを有するもの
移送取扱所 すべて定める
一般取扱所 指定数量の10倍以上のもの
地下タンクを有するもの

定期に点検を実施しなくてもよい製造所等

  1. 屋内タンク貯蔵所
  2. 簡易タンク貯蔵所
  3. 販売取扱所

よく試験にでる!点検実施者と点検時期・点検の記録・その他

「定期点検実施者」について理解しよう!

定期点検は、危険物取扱者か、危険物施設保安員が実施します。ただし、危険物取扱者の立会いがあれば、それ以外の人でも実施できます。

その他、定期点検のポイントとは?

点検実施者 ここ暗記

  1. 危険物取扱者 ……… 甲種、乙種、丙種は点検と立会いもできる
  2. 危険物施設保安員 ……… 定期点検の立会いはできない
  3. 危険物取扱者以外の者 ……… 甲種、乙種、丙種いずれかの危険物取扱者の立会いがあればできる

点検時期・点検の記録・その他 ここ暗記

  1. 点検時期 ……… 1年に1回以上
  2. 点検記録の保存期間 ……… 3年間保存
  3. 点検記録事項
    • 点検をした製造所等の名称
    • 点検の方法及び結果
    • 点検を行った者、立ち会った者の氏名
    • 点検年月日

点検結果を市町村長等、所轄消防署長に報告する届け出る義務はない。しかし、資料の提出を求められることがある。

危険物乙4+(plus) 合格に必要なカテゴリー

危険物乙4の2018年度の合格率は「39.0%」と国家資格の中では比較的高い合格率になっています。そんな危険物乙4を取得するとどんなメリットがあるのか?また勉強方法はどうすれば?参考書は?などなど、これから本試験にチャレンジする人なら当然気になりますよね。当サイト危険物乙4+(plus)では、合格に必要な記事に訪問者がすぐに到達できるようにカテゴリー別に記事を書いています。ぜひご覧ください。